トップ «前の日(09-16) 最新 次の日(09-18)» 追記

うらまご/まごまご日記/まごっと/まごれびゅ/P-FUNK/maggot

1997年
9月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
1997|09|10|11|12|
1998|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
1999|07|08|09|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|09|10|
2006|01|04|06|07|08|12|
2007|06|07|10|
2009|12|
2010|01|02|04|09|10|12|
2014|05|
2016|08|

■2000/09/17 Sun■  淫と聖

 「うんともすんとも喘がない」と書いたところ、クレームのメールが来た。
 前にボクが、「最初から最後まで 一言も声だせへんってのも そそられるで」って言うてただろ、絶対言うた、と書いてあった。なのに、こないだのまご日記で、エロビで喘がないのはイカンというように書いてるのは合点がいかんだろうというものである。
 それはまちがってるな、「最初から最後まで 一言も声だせへんってのも そそられるで」というのはね、感じてるのに、何かの都合で声を出すに出せない。たとえば、ほかに人がいるのにごそごそ始めてしまって止めるに止まれない。しかしほかの人間にさとられてはイカンと必死になって喘ぎ声を押し殺す。そういう状態ね。あのビデオ、まだ返しに行ってへんけど、そじゃないだろ。
 さもなくば、川端康成の「眠れる美女」のような状態。これは耽美的でたまらなくいいんだけど、ボクが前に言ったのは、そっちのほうかなぁ。あ、いや、前のような状態も、いいなぁ。映画の「青春の門」でとなりに子どもがねてるにもかかわらず、菅原文太が松坂慶子にのしかかっていく。松坂慶子はじっと子どもの手を握ってひたすら耐えているのを、後ろから文太がおっぱいを揉みしだくシーンね。松坂慶子が映画に出ててよかったのは、「鬼畜」と、「青春の門」でおっぱい揉まれてるのぐらいだろ。「キネマの世界」は、バイプレーヤーの、えっとぉ平田満だったっけ、あんれの一人勝ちだろ。
 しかし考えてみりゃサディストだねぇ。そういう意味じゃ、こないだのエロビもいいんだけど、バクシーシはそういうのを狙ったつもりなんだろうけどね。そんなんで言ったら、もうずいぶん前に見たエロビのほうがずっとサディスティックでよかった。こないだのは最後まで商売に徹した女の子の勝ち。一瞬たりとも、金目当てといえ、はめられるのイヤだって顔をさせれなかったバクシーシの負け。
 あ、そうそう、きょうはこの話じゃなくて、ゴスペルのクワイアー見に行ったんだった。はっきり言って去年の年末のときのほうがよかったな。ゴスペルでの役回りがわからんのだけど、要するにリードをとっていく人ね、前はラリーラッカーだったんだけど、きょうはちがってて、そのおっさんの一人勝ち。やたらそのおっさんのうまさが目立ちすぎるわけ。それで真ん中で、ネイサン・ベストって、ボクは知らなかったんだけど、オージェイズなんかにも入ってたのがスペシャルゲストで歌うんよ。だからおっさん余計がんばったのかもしれないんだけど、そうしたら150人近くいるコーラス(ほとんど日本人)から出てきてソロをとったら目も当てられない状態ね。ゴスペルという趣旨からするとうまいへたの問題じゃないかもしれないけど、宗教なんて知っらなぁ〜いってものにとったら、うまいかへたかってとこしか聞いてないんだもん。言ってみれば、プロのピッチャーが投げたボールを、草野球のにいちゃんが打とうとしてるの見せられたってところ。うひゃぁ〜酷評しとるなぁ。中には高校野球の選手が打つってのもあったんだけども、それにしても、あんだけ差が歴然としたらね。だからさぁ、クワイアはコーラスに徹してたらもうちょっと楽しめたのにねぇって。そこらあたり去年の年末のラリーなんかは、これはプロのやってるもんじゃなくて、あくまでもキリストを讚えるもんですよって、うまくかわしてたなって思う。
 でもMaryさんやkikuちゃんとか、canaとか出てたし、パパリンにITAさんに、かなKENも来たというのがよかった。とりあえず写真。

■2001/09/17 Mon■ 

Boz Scaggs
Slow Dancer
 街の中をバイクで走ってたら、あら、ここなくなってしもたやんというのにときどき出くわす。こないだも西成の裏通りのたこ焼き屋がなくなって更地になってしまってた。きょうは北畠の裏の昔からあるたばこ屋がなくなってた。なんでもかんでもずっとあるもんじゃないんだけど、あのたばこ屋、いい雰囲気出てたのにね。
 そう、看板屋#007 は、真夏の真っ盛りに、へばりついてた小屋ごと消えてなくなったし、つい4,5日前には#089もへばりついてた家のリフォームなのか、撤去されてしまった。
 いままであったものがどんどんなくなっていく。そう、でかいところでは貿易センタービルも消え去ったか。
 きょう『総門谷』を最後までやっと読みきって、そのラスト近くで、ふっと自分が死ぬことが頭をよぎった。誰かさんは塩と油を断てば150まで生きれるなんて豪語していたけど、150まで生きてどうなんだ。そのとき、いま生まれた赤ちゃんは100になってんだぞ(笑)
 じゃあいくつだったらいいんだ。その時が来たら、どうなんだ。そのとき自分の徴も一緒に消えてしまうもんだろうか。自分の徴ってなんなんだろうとか。そのときというのは、あしたかもしれないし、
 と、どうせ考えたってどうなるってわけでもないから、すぐその思考というのは中断してしまったけど。こういうことを考えてしまうというのは年くったってことかなぁ。結局、そのときまで走りつづけてるに決まってるから。
 仕事場から見る夕陽はとてもきれい。いま時分から11月の末あたりまできれいだよなぁ。思わず
   ばかやろぉぉ〜〜
 ほんとのところ、夕陽が真っ赤にきれいなのは空気が汚れてるせいなんだけど、ここでは小理屈は言わないの、空気が汚くて、夕陽も汚かったら、さいてぇ〜でしょ。


■2002/09/17 Tue■  ♪〜 せぇがれ、どこ行く 青筋たてて

Santa Esmeralda
Don't Let Me Be Misunderstood
 最近ヤフオクなんかでサブカルもんにはまってる。というか、本卦還りなわけね。かつて、今もそうだけれど、金なかったから買いたくても買えなくて、そのうち音盤漁りに宗旨替えしてたから。音盤漁りのほうもまだまだ欲しいのはあるけれど、hiphopがこのような今、方向性が見つからない。ラテンにしても、ヨーロッパにしても大海に泳ぎだすようでとりとめもない。だからいきおいホームグラウンドに戻ってきたようにいわゆるサブカル漁りをしている。
 きょうも昼飯ついでにBOOKOFF行ったんだけど、BOOKOFFって結構ありきたりでしょ。いま頭の中がこんな状態だから、ピピン!と食指が動かない。きょうのまごれびゅ『鮫肌男と桃尻女』にその原作の望月峯太郎は『鮫肌〜』どころか全く読んだことないと書いたんだけど、その『バタアシ金魚』なんか揃っていて、『鮫肌〜』はなかったなぁ、ほか何だっけ?ずらぁーっと揃っていて、ちょっとパラパラ見てみる。きっと面白いんだろうなと思えるのだけれど、いまいちビビビンと来ない。感性が変なのか?(^_^ゞ それに100円でなかったからパス。
 単行本のとこに行ってもこれまたさっぱりビビビンと来ない。以前なら100円だからとりあえず買うとこかと思ったようなのも買う気がしない。
 BOOKOFFというのはバカなのか、時として、なんで?というのが泣きたくなるような値段、つまり100円で出てたりするから油断できない。だからきょうもけっこう丹念に見てた。山口椿にはちょっとそそられたけれど、買おうという気にまでなれない。それにきょうは気合いの入ってるヤフオクが1つあったので、本日のBOOKOFFの収穫0と帰りかけたら、はっと目に入って来たのが《Le Monde de JEAN COCTEAU》と背に何やらフランス語っぽく書かれた分厚い本。ン?何だ、と手を伸ばしかけて、ふっと思った《L'Arc〜en〜Ciel》に手をかけて、ありぃ〜(゜.゜)とこけたことを。きょうは大丈夫でした。ちゃんとコクトーの画集、それも500円。らぁ〜っきぃ〜(*^_^*)

 さて、こないだから狙いつけてたのはことごとく競り負けたり、油断してたりでミスってたんだけど、きょうのヤフオクは気合いで落としたで(●^o^●) 思わず口ずさんでます


■2004/09/17 Fri■  不倫願望

ははは、きのうは久しぶりに酔っぱらった。26000円だかする、シャトー・ムートンとかいうワインを1/3ほど残っていたのをもらって、う〜ん、美味しいのか、わからんままに、高いからきっと美味しいんだろうけれど、たしかに香りはよかったな。そのシャトー・ムートンの前から赤ワインで、あれこれ美味いものいっぱい食って、さらにいじきたなくぐいぐい飲んで、気がついたらふらふら。やっとこさ家にたどり着いて、そのあまベッドで寝てしまった。あゝ、もったいない。こんな酒の味わからんのに飲ませるから。そんなこんなで、きょうも午前中はまだ少し酒が残ってるような、ほんま困ったもんだわ。酒飲みにはなりたくないけど、もう少し強かったらなぁ。

さて、きのう、きょうと別になにがどうってことのない日。ほんとなんてこともない。
昼にご飯を食べようと車で出て行ったら、踏み切りで止まった。すると、車の左前に、4,5歳の男の子を自転車の前に乗せたお母さんがいて、その男のとボクの車を見ながらしきりにしゃべっている。

    (この車可愛いねぇ、ぼく、見て見て、プーさんだよ)
そのお母さん、30くらいか。それがまたマイタイプその3。思わず、彼女をいつか車の助手席に乗せていることを妄想してしまう。子どもを先に見てしまってる分だけ、妙にその妄想が生々しくていけない。
    (もうすぐ幼稚園から子ども帰ってくるからもう帰らなくちゃ)
ははは、あれへん、あれへん、っちゅうねん、この妄想おっさんが。踏み切りが開いて、そのままボクは走り去ってしまったんだけど、車のラジオじゃ、いけない不倫カップルがこともあろうにパンストプレーをやったとか、真っ昼間からなんちゅう放送をやっとんのじゃい。
ところで、それで済んだらどうってことないんだけれど、夕方駐車場から出ようとすると、車の前を横切る自転車が。な、なんとマイタイプその3。またしても子どもを前に乗せていた。ううう、1日に2回も。向こうも気がついたようで
    (ぼく、お昼の車だよぉ)
単なる偶然にすぎないけれど、それにしてもこの偶然は、何かの予兆か。そうだったらいいのになぁ…をい。
    (あの日、どうして2回も出会ったんだろうね、偶然以上のものを感じちゃったよ)



メールでツッコミ

1997|09|10|11|12|
1998|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
1999|07|08|09|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|09|10|
2006|01|04|06|07|08|12|
2007|06|07|10|
2009|12|
2010|01|02|04|09|10|12|
2014|05|
2016|08|
トップ «前の日(09-16) 最新 次の日(09-18)» 追記
まごアン