トップ «前月 最新 翌月» 追記

うらまご/まごまご日記/まごっと/まごれびゅ/P-FUNK/maggot

1998年
12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
1997|09|10|11|12|
1998|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
1999|07|08|09|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|09|10|
2006|01|04|06|07|08|12|
2007|06|07|10|
2009|12|
2010|01|02|04|09|10|12|
2016|08|

■1998/12/04 Fri■  [長年日記]

ふーーっ、やっとこさっとこ終わったかぁ。まだ月曜があるけど、この8月の後半からのことを考えたらやっときょうで一段落ってところ。終わってからもしばらく動く気になれないで、喫煙室でHとくっちゃべってた。こんなん10年にいっぺんあるかないかだな、もうええわ。そんでもまだあのクソバカからまわってきてる仕事があるねんなぁ、たまらんなぁ、ほんまにぃ(-"-)
う〜ん、この三ヶ月半ほどの間に、忙しいて死にそうだったから、巡礼ボードの管理もやる気になれへんで、noricoにまわしてしもたし、まぁ、忙しい以外にもいろいろあるんだけど、それはおいといて(笑) 
先週なんか血圧が下がりきってて、これはネット中毒の慢性寝不足が原因でもあるけど、仕事に行ったもんの不整脈かなぁ、心臓だけバクバクして気持ちが悪くて休んでしもた。だいたいやね、しんどうて休むなんてのはこれまでの主義に反するのよ。しんどいときに休んだら損、休むんやったら遊ぶために休まな。仕事行って体力回復するなんて豪語してたのにね(笑) あ、ネット中毒にしたって、これといって何してるわけでもなく、忙しいてしんどいぶん、なんじゃかんじゃできるわけでもなくて、ただただお姉ちゃんをDLしてるだけなんて状態だもん。ほかに遊びまわる元気なんてあらへん、あらへん(笑) あと一週間...

■1998/12/10 Thu■  [長年日記]

ハニーと〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。
これはボクとハニーだけの秘密(笑)

■1998/12/12 Sat■  [長年日記]

昼から被害者の会(仮称)のメンバー、あ、酔狂は抜きね、あ、そうそう十月の終わりだったか、Uすけが原チャで事故って、その話も書いてなかったなぁ、いつやったかなぁ、いつかの土曜日にエロ本買うて見舞いに行ったとかいう話も書いてへんかったなぁ、とにかくUすけの入院で酔狂は今回パス。そんでヒゲね、きのうの晩にスキーの板とりに行ったら、おっさんが「おまえ、なんでケンカしてんねん」と聞くのね。「へ?」 うーん、やっぱり世間はそうとるんよね。実の弟の結婚式にも出ぇへんかったら。そういえば、山ヒがこのまえ仕事で偶然ヒゲに会うたとき、「兄貴、えらいおこっとったぞ」と山ヒは冗談で言うたんはわかってるけど、その冗談、シャレにならんから、ボクはマジにおこったことあったな、「しょうむないこと言うな」と。別にヒゲが嫁さんと別れて、誰と結婚しようがかめへんので、ボクが勝手に義憤を感じるはずなんかあらへんやん。むしろ逆かもしれへんなぁ。現にオカンがあのちょっとまえに「あの子またやねん、今度はもうアカン」とか泣きそうになって電話してきたときも、をい、こんなことこんなとこに書いてええんか(..;) まぁええか(笑) 書きだしたら止まりませんって(笑) えっと、電話してきたとき、「そら、ええこっちゃ」って言うたはずやし、おっさんにも「あんたのでけへんかったこと、息子がやってくれてうれしいやろ」言うたけどね。結婚式に出ぇへんかったんは、いまさら親戚どったらこったらというのがわずらわしかったんと、なんでいまさら仰々しく結婚式なんかせんなアカンねんと思うただけ。結婚式だとか、法律上の結婚だとか、そんなもんはどうでもよくて、好きなもん同士が一緒に暮らしたらそれでええだけやん。固めの杯だなんてばかばかしいだけ。イヤになったらまた誰かと一緒に暮らしたら、そんでええわけ。そんなんにせっかく立てたツーリング、それも日本一周したろかと決心してたのつぶされたなかっただけのことやんか。そんでなんにもまして、あのとき、ほんと『結婚』だなんてことがいちばん煩わしかっただけよ、ボク個人的に。
ふーーっ、なんで遊びに行くとなると、こうも前置きが長なるねんやろ(笑) 
で、昼過ぎにヒゲがうちの学校に来て、一年半ぶりに顔あわしたけど、まぁな、最初はちょっと顔合わしづらいといえばつらいけど、誰やったかな、こんなん言うのんは山ヒに決まってんやろけど、血は水より濃いというの、親やまわりがどうこう思うてるのなんか関係なくて、単に友達でも1年以上会わへんこというのもあるやん、そんんまもんかな。まぁあいつがどう思うてたか知らんけど。
で、ボクはといえば、へへ、いまはハニーのことで頭がいっぱいだから、運転替わっても、ぼーっとおとついのこと考えてたりして、ほんまこのクルマ走らんなぁって、のろくさのろくさ運転してた。恵那峡でポチに運転替わったら速いこと、いったいそれまでの運転はなんやってんいうような調子で、ポチはぶいぶい走って、きっと彼には悩みというものがないのだろう(笑) その調子でくぼた荘までポチが走ったから7時半には着いてしまった。
ボク以外はニューくぼた荘がはじめてだったので、をを〜〜っとびっくり、そんで晩ごはんにまたびっくり。こら酒なしでは食べれんなぁって、ぐいぐい飲みながら、ボクはビール1杯だけやけど(笑)、うったらくったらうったらくったらしゃべりながら食うて、部屋に戻ったらボクは例によってぱたんきゅーね。おやすみぃ〜

■1998/12/13 Sun■  [長年日記]

今年は雪が早かったくせに、そのあとあんまり降ってへんみたいで、下のリフトは全部止まってしもてる。ゴンドラだけは動いてるねんけど、そのせいでみんながゴンドラに集中してしもて、まさに長蛇の列。こら、アカンわというわけでせっかくゴンドラまで送ってもろたのに、いきなり迎えに来てと電話入れた。迷惑な客やなぁ(笑)
くぼた荘に戻って、外はむちゃくちゃええ天気でぽかぽか暖かい。窓から屋根の上に出て、屋根の上で日なたぼっこ。ポチは当然のことのようにぷしゅぅ〜っ。表の道を通りかかったにゃんにゃんたちにヒゲは屋根の上から声をかける。「どこ行くん?駅? 駅まで遠いでぇ、駅行ってもなんもあらへんで。みやげ、買いに行くんやったらジャスコがええでぇ」ちょうどジャスコにコーヒー豆買いに行かなあかんかったからくぼた荘のクルマ借りて一緒に乗せて行ってやった。
「どこから来たん?」←大阪人の最初のことばね(笑) 名古屋かぁ、ふぅーん、そうか、名古屋やったら昼に出たら晩には着いてるんやなぁ。初滑りツアーだとかいうてぼんぼんバスが入ってきてるからきょうはよけい混んでるみたい。
にゃあにゃあは6〜7人の集団で、う〜む、女ばっかし固まって遊んでるのに美人はいない、これは鉄則だな(笑) だから、ジャスコで買い物すんで、蕎麦のおいしいところと聞くのでそば神でおろしてやった。美人の子がおったらどうや言うねん(笑)
ボクらのお昼は香林亭でと行きたかってんけど、団体さんの予約、なんかここらあたりのおばちゃんの忘年会があるらしくて、ボクらの分を作る余裕がないという。しからば、おばちゃんのオムライス作ってくれとどこまでも厚かましいというべきか、むこうもあきらめてるのか(笑)、無理やりオムライスを作ってもらった。
昼から倉下の湯。こないだよりずっと空いてる。それでもちょこちょこ入りに来る人間がいるというのはどういうことなんだ。世の中、年末で忙しいというのに、昼日中からゆったり温泉につかってる人間がほかにも、おってもええか。そんだけ平和ということ。きょうは5人だからますますうだうだ。そしてくぼた荘に戻ってくたぁーっと昼寝。そしてまた晩餐会(笑) また部屋でくたぁ〜

■1998/12/14 Mon■  [長年日記]

さすがに平日できょうはゴンドラにすっと乗れた。うさぎ平まであがると下は雪がなくてもウサギにはびっしりこぶが張り付いてる。まずはいっぱつウサギ。初滑りがウサギというのもたいがいやなぁ(-.-;) おまけにボクは去年一シーズン滑ってへんかったし、なんせここ1〜2年の運動不足に体重過剰でちょっと心配やってんけど、逃げとったらよけい滑られへんし、えいっと入って行ったら調子がええ。こら一発ノンストップかましとかへんかったらアカンなぁと、雪も適度に柔らかめで板がびゅっと走れへんかったから、むちゃくちゃ気分ように滑れた。
それから黒菱ね。なんせ下の方が雪がないから滑るとしたらウサギに黒菱。ふーっさすがに1日に黒菱2桁滑ったらしんどい。
そんでも3時過ぎやったかなぁ、ゴンドラ乗って下りたん。さすがにみんなおっさん軍団だけあって、10年も前みたいにしゃべる元気がなくなるまで滑ってるということもなくなった。明るいうちにひさしぶりにみみずくの湯。

■1998/12/15 Tue■  [長年日記]

くるまやで蕎麦食うてさっさと帰る。ここらあたりは一人でぷらぷらしてるのと違うところ。大阪着いたら6時過ぎ。

■1998/12/20 Sun■  [長年日記]

ハニーは誰?

ほっといてよぉ(笑) そっとしといてよぉ(笑) っていちばん騒いでるのはボクか。「うれしくって、人に言いたいみたい」ってハニーは言うけど、うれしないんかぁ、うれしいくせにぃ〜(笑) っと、その話はおいといて、はい、話題変えますっ! あ、そういうたら、MIKOがかなのボードで

    確認までは「詩」ですが
    その後は「散文」となるのです。
うまいこと言うなぁ、と感心、あ、話題変えるんだった(笑) やっとヒマになったので、前から、やったるやったると口だけだったharmonyのページつくってrmファイルも入れて音出るようにした。ふげぇ〜っ、バッファへの読み込みが追いつかんみたいで、20Kbpsに下げたらストリーム再生できるようになった。mp3にくらべたら格段に音質はよくないけど、まぁこんなもんだろ。調子にのってNice Fellowも作ってしまおうとしたらCDが家に無いので後回しにして、くぼた荘の掲示板もつくった。きゃはは、chocoとこのをチョコっといぢっただけ(シャレか)
そんで夜中に、あ、内緒、内緒(爆)

■1998/12/22 Tue■  [長年日記]

朝起きたら、歯が腫れて痛い。ついに来るとこまで来たって感じ、もう年貢の納めどきってもの。夏に歯が欠けたのをほっといたらどんどん欠けてきてなんとかせんなアカンと思うてたんやけど。どうせきょうなんかなんも仕事がないので、休みだして歯医者に行く決心をした。
歯医者へ行って、ブリッジかけるか、歯並びの極悪なところだけに、どうしたもんか歯医者さんに相談したら抜いてしまいましょうってことになって、まぁそれはええんだけど、どうせ麻酔かけてくれるわけやし、で、簡単に抜いてもろた。
ところがやん、麻酔きれてきたあたりから、痛くて痛くて、一時は思考能力0の状態で寝てしまおうとしても痛あて寝られへん。もろてきた痛み止めがなかなか効いてけえへんのね。やっと効いたところでふううっと寝てしまってた。
そんで3時にハニーとほにょほにょのはにょはにょでふりゃふりゃのへべへべだから、ふぎゃふぎゃだった。がははは、なんかわからんか(笑) ボクとハニーはわかってるからいいのっ(笑) この3, 4日ずっとこんな調子。そんで、ほにょほにょを思い出してやたらせつなくなって、こんなんでええんかと思うねんけど、それはどうしようもないMDマ椛\霑オPセb-ホAァ惺,ル F椡ュMィKヒ霑綺ヲB{Td笵ソ'貝d?#スEシェsメ漂H繝RムI着F?V?ケカ ナ1Uなのだよ。
夜中におや2のパーティーにDAWNへ行く。よう行けるもんだな(笑) 入ったらすぐおや2に会って、「いま○○が歌うてやるわ」(注:なぜかあの子の名前、覚えてへんのよね、そんでも○○で、ああ、あの子かとわかってまうのが不思議といえば、不思議) ステージの上のマイクの前に○○がふわぁーっという感じで立ってて、そんでまたふわぁーっという感じで歌ってる。前にカラオケで歌うたテープ聞かしてもろたことがあるけど、全然感じがちがう。もっともバックがカラオケと、きょうのダブのバンドでは違うのはあたり前だけど、いちおうおや2がプロデュースしてるんだろうな、おや2が歌わせたらこういうふうになるんかという感じかな。そのボーカルがかったるくて、よくいえばアンニュイね、そんで頽廃的。こっちも下半身でビートを刻みながらかったるく壁にもたれてぼーっとしてたらむちゃくちゃ気持ちいい。
そのまま壁に身をまかせてたら、いきなり前にバがやってきて、「バです。」と言うのね。ボクはわかっててんけど、あんまりあらたまっていうから、きょとんとしてたら「まご(ボクの本名ね)さんでしょ」って。
「インターネットのなんかやめたんだって」
ゑっ、なんじゃ、それ、やめた? あ、巡礼ボードかいなと思って
「うん、むちゃくちゃ忙しいかったから」とふつうにこたえてんけど、
「なんか顔がうれしそうやよ、なんかええことあるんちゃう」
うにぃ〜、顔に出てるんかぁ、歯ぁ痛あて左のほっぺた腫れてんだけどなぁ、そうかぁ、ものや思うとひとのとふまで なのね。

■1998/12/27 Sun■  [長年日記]

■ 98/12/24〜27 Tue〜Mon ■
ほんまにどたキャンばっかり(-"-) 結局ボクとヒーさんの二人だけやんか。先に行ってるボーズとトンボで4人か。ちっ。
雪はこの前からぜんぜん増えてないで、ゴンドラのところなんかばっちり土が出てるし、名木の昔のジャンプ台の上にクルマが止まってるのなんか初めて見た。そんな調子だから滑るのは黒菱ばっかり。毎日楽に2桁越えて滑ってるから、しんどい、しんどい。おまけにオリンピックの影響やねぇ、モーグルの人間が増えて、こぶはいびつ。ヒーさんとあのこぶ、どない滑ったらええんかわからんと頭かかえこんでしまう。滑りがおかしなったら、北尾根とか、パノラマの下とかのこぶ滑ってチェック入れてたけど、そこも滑られへん。かろうじててっぺんのこぶで、手は前に出てるけど下がってでてることに気がついた。でもあの斜度だったらなんとかなっても、黒菱の斜度になったら、足腰というよりか、ヒザがもたん。う〜む、夏からヒザの調子がもひとつようないし、2日が限界かなぁ。帰ってからヤモに教えてもろてんけど、ストックやっぱり長なかったらアカンのね。今回使うてたん、105だもん(-.-;) やっぱり上体がかぶってきてるのそのせいもあったみたいね。
あ、そうだ、トンボの、あ、これはここでやめとこ(笑)
そんでも去年はオリンピックのせいもあったけど、どっか滑る元気なかったんはやっぱりあのせいかなぁ。今年はむふふやもんね。結局行き着くところはあそこしかないのね(笑)

■1998/12/28 Mon■  [長年日記]

予定通りヒーさんに春日井で下ろしてもろて中央線、東海道線と乗り継いで蒲郡へ。3日間のスキーで体の節々が痛い。歳やね(笑) それでもスキー帰りにオフ行こうなんてのはまだ若いか。そんであしたまた大阪帰ってオフやもんね。人聞いたらアホかと思うで、ほんまに。この前のスキー行で時間見といたから、春日井はばっちりで、アテがはずれたというたら、JUNKOかMIKOに迎えに来てもらえるはずだったのにというところかな(笑) そんでも蒲郡着いたのが5時くらいでばっちりばっちり。こうして歩いたことなんかなかったから、そういえば観光地とか以外でぶらぶら歩くなんてことは長いことなかったなぁ。ヒメの場所はこの前行ってだいたいわかってるから、駅からまっすぐぶらぶら歩いて行った。そしたらみこのおいでん編集室、想像してたよりぼろいな(笑) 下に誰も人がおらへんかったから寄らへんかったけど、ええ加減、携帯の番号くらい教えろよな、そしたら表から呼び出したのに。そんでJUNKOに電話入れて「もう歩いて行ってます」と言うたら「えらい、えらい」ほっとけ、ボクは日本全国どこへでも行けます(笑)
ヒメに着いてどない予約を入れてんだかわからんので、JUNKOが来るのを待ってた。さすがにちょっとかったるいというかしんどい。じきにJUNKOがチキをつれてやってきてぐぐっとJUNKOと抱擁して、「さびしかったかい?ハニー」なぁ〜んて言うわけないやろ(笑) まいちはもうとうに着いてて部屋で寝てるらしい。そこらあたりまいちらしい。そんでそういうところに携帯入れてくるまさはまさらしい。まさとスキーの話してて「ええなぁ」ふふふ、全開ばりばりよ、おまけに体中の贅肉に隠された筋肉もばりばりよ。
ひとまず風呂に入って、ヒメはクアハウスだからね、旅の汗を流して、ちんちんも洗って、
「チキやん、チキやん、電気風呂入ってみ」
と人がせっかく言うたってんのに、チキやんは足の先だけ入れて
「あ、ビリビリします。入れません。」
「あ、ボク入れるで」
「それはまごさん肉がいっぱいついてるから」
ほっとけぇ〜(-_-)
部屋に戻って《寝たばこはぜったいおやめください》と書いてあるのを完ぺきに無視してベッドに寝転がって、お風呂あがりのニベアですぅなんてことはしないで、寝たばこしてたら、まいちが呼びに来た。「お迎えが来ました」
ロビーに下りていくとMIKOがいた。
「みこぉー、ちょっと見ないあいだにまた大きくなってぇ〜」
もうさっそくロビーではデジカメごっこの始まり。さすがおしゃれ貴族じゃなかった、独身貴族まいち、なんとオリンパス、それも900買うとるやないの。うん、うん、サイバーショットはおもちゃだからねぇ。
MIKOのクルマでオフのあさいまで、当然ボクは指定席ね(笑) それにしてもMIKOの運転は荒くったい。あ、そうだ、ヒメにKATUも来てたんだよね、忘れてた(笑) そだ、そだ、一緒に銭湯に入りませんかなんてくだらんことをBBSに書いてたの実行しに来たんだ。ボクらとうに入ってしもて一人で大急ぎで風呂入りに行ってたな。
ふんでいつの間にかオフが始まって、はぁいつもながら、ってよう知らんけど(笑)、おJUNKO様の見事なしきりというか、お気遣いというか、しかし始まってちょっとして気がついたんだけど、料理出てくるのをテーブルの方へ運んでるようで、ええネタのをちゃっかり先にキープしてるだけぢゃないの。しかしあのおJUNKO様の、(めんどくせえなぁ、いちいちおJUNKO様て打つのん)大ママはどこで仕込んできたんだろうね。あまりに板につきすぎやちゅうねん。そんでほんまに鞭もってきとんねんから、そんでほんまに鞭でしばきやがって、おぼえとけよ。人前やから女王様、女王様、言うといたったけど、二人ッきりのときのJUNKOを赤裸々に書いてもええねんぞ。ふふふ、ワイアレスのリモコンはボクのポケットに....あらへん、あらへん、あっても、あらへん(笑) だいたいやねぇ、ボクはオフではおとなしくしとこと決めたのにな、そのいつもの調子でくるから、サービス精神旺盛なボクとしてはやね、つい...な、せやからじゅんいちなんかあとから来てボクの横に座っとったけど、ビビってしもてなぁーんもようしゃべらへんやん。ほんでやね、ボクはぼぼごおり市民の人たちとやね、じっくり「まっとよくするぼぼごおり」について語り合おうとしてるのにやね、

《女王様とお呼び》

なんてたすきかけて、「で、ハニーは誰なの」だもん。あのときおったぼぼごおり原人の半分とも語り合っとらんよ。ほんまMLの人間ってタチ悪いのんばっかり。まいちはまいちでデジカメごっこやし、チキはチキでみこを口説きにかかるし、ボクだけやん、純情無垢で、こっそりトイレに入って、ハニーに電話してきてるのは。ふふふ、こうして第1喚問(あ、第1関門よりこの変換の方がええか)JUNKO+MIKOタッグチームの追及はかわした。まぁ女王様とお呼びで自滅してたようなもんやけど、あれがじっくりねっとり攻められたら口わったかもしれへんのにぃ〜〜だ(笑)
しかしあの料理で飲み放題で4500円は安いね。さすがおJUNKO様だわ。こうしてなんだかわからんまま腹いっぱいになって1次会はお開き。つぎ、2次会にまいりまぁ〜す。また、ボク、指定席ね(笑) 
「あ、そこ右曲がって、環7入って、東京タワーが見えたら左に曲がって」
うるさいんじゃあ、チキまろ。を〜、そうそう、MIKO、マジックで、それも油性やで、チキのまゆ毛描いてやると言いながら、瞼にお目々描いたって、もうむちゃくちゃやん。おもろいけど(笑) それをまたおとなしく描いてもろてるチキはアホです(笑) あ、話は戻って、「運転手クン、もう少し丁寧に走ってくれんか、ほれ、底擦ってるやないの」ガシッ、ガシッ
こうして2次会のカラオケ屋に着いたものの、ほかのメンツが全然来てない。あら?「20人でさっき電話」と言うたら、「10人ずつ2部屋なら空いてますが、20人一度にだったら1時間待ってもらわないと電話で言いましたが」といかにもアホまるだしという店員とかけあってるところに、MIKOの携帯(をい、ええ加減、番号教えろよ)に、おJUNKO様から「どこにいてりん?(このバカめ)」と入った。MIKO焦る。運転手クン、行き先まちがいかね。もう一度指定席に戻って、正しいカラオケ屋へ。なんかそのカラオケ屋も住宅街みたいな中にあるんだよなぁ、迷惑だろうなぁ。夜中にこんなわけのわからん連中が大挙して乗りつけたりして。
なんや歌うてたねぇ、ここでもMLの人間はみんな歌がへただということが判明した。ぼぼごおり原人は比較的無難にまとめるのに、MLはへたというべきか徹底的にウケ狙いに走ってるというか、歌われへんのに、「抱いてHold on Me」なんか、歌うなよな。
あ、そいや、MIKOはカラオケまで来てすぐ帰ったなぁ。シンデレラがなんたらかんたら言いながら、MIKO帰ったとたんにチキ麻呂は「JUNKOさんはおきれいですね」とか、なんとか、
「をい、チキ麻呂、1次会でJUNKOが78点で、MIKOが79.9点で、kikukoは80点とかいうのはどないなってんねん」
「あ、はい、JUNKOさんは90点です、はい」
はぁ〜疲れた。帰ってオナニーして寝よ。
その夜、ボクは枕を抱きしめて寝た。


■1998/12/29 Tue■  [長年日記]

昼近くまで寝てられるのかと思ったら10時チェックアウト。ちっ(-"-)
そんでも9時前には勝手に目がさめたけどね。
MIKOがみんなを小ジャレた喫茶店に連れていくからと迎えに来てくれて、たかきゅーのことはおいてきぼりにして(すっかり忘れてたんだよ(笑))、そのくせどこだったかようわからん、おいでんの地図見てくりんって、あのねぇ、なんでボクのほうが蒲郡の道知ってるわけ?
小ジャレた喫茶店というのはファミレスみたいなところでモーニングでコーヒー飲み放題というところがよかった。ちょっとしてJUNKOも現れて、ふむふむ、これもJUNKOの仕切りね。MIKOがみんなを連れてこうなんてはずないもん。なかなかの仕切りでございまった、おJUNKO様。そのおJUNKO様、今日はMAXの大掃除だといいながら、まったく掃除とは似つかわしくないいでたちで登場。まぁ朝だからJUNKOにしては清楚でしたが、5人で静かにお絵描きしてただけだけど。
さてチキ車でまいちとボクの3人は大阪へ。走り出したはええもんの、チキ麻呂が運転できるなどとはほとんど思いつかなかった通りの運転。蒲郡の町を外れたところでガス入れに入ったとこで運転替わってやった。いらいらして乗ってられんて。
「へぇ、このクルマ140出るんですかぁ」 ^_^;ずこっ
ぶいぶい走って3時過ぎにはうちの学校に着いて、置きっぱなしのボクの車に乗り換えて、まいちはかなとこに落として、チキやんに後からついてこさせて家まで。ふぃーやっとこさ家に戻ったのも束の間、今度は大阪オフへ。ほんまようやるよ。
待ち合わせの道頓堀の上に行ったら、kikukoとほかに誰おったかなぁ、3にんくらいしかおらん。ひょっとしてヒッカケ橋とまちごうとるんちゃうって、とにかく時間がもう5時近くだったから、ヒッカケ橋のほうはkikukoに見てもらいに行って、セックスマシーンへ。店長に何人くらいになりますって言われてもボクほとんど誰が来るか把握しとらんのよね、なんやどたキャンが何人かおるから20人にはなりそうもないな。そんでも実人数分の払いの約束にしといたから心配はしてへんというか、なぁんも考えてへんのね。そないこないしてたらやっぱりヒッカケ橋のほうにおったらしくて、kikukoがcoziとかぞろぞろと連れてきて、かなけん+まいちもやってきて、メアリーも子ども連れでやってきて、目の前にタン塩が出てきてビールが出てきて、あとはもう知らん。ぶあつぅに切ったロースが出てきて、骨付きカルビが出てきて、それからぶぅもやってきて、ぶぅは骨付きカルビか(笑)
ユッケも出てきたなぁ。チキ麻呂は
「これはどうして食べるんですか」
ちょっ、ちょっと待てぇ〜、ユッケ見たことも食べたことない人間おるんかいな(..;) 
ヤモが近くまで来てるんだけどどこかわからんと携帯に入れてきたので迎えに出たら、表でなかぼぼがうろうろしてた。じつに1年ぶりの復活なかぼぼクンでありました。
それでもきのうのぼぼごおりみたいに貸し切りというわけちゃうし、焼き肉のテーブルが別れてたから、みんな比較的おとなしい。テーブルごとにまとまって歓談というとこですなぁ。うん、そうだな、かなもわりにおとなしい。横にケンちゃんがおるわけでもなかろうに、こういう場では圧倒的にJUNKOのほうがタチが悪い、あ、いや、女王様です、はい。かなはどっちかというとこそっと悪い(笑) そんなもんだから1次会のセックスマシーンではそんな乱れることもなく、ボクはひたすら骨付きカルビの骨をしゃぶってたし、あ、フリスク、ちょっと出したけど(笑)
そんで食い過ぎ状態で1次会は早くもお開き。はい、では記念写真をぱちっ!
つぎどこ行こうとなって、めんどくさいからマーヴィン。安直ね。となりのとなりだもん。そこへまりもから携帯入って、迎えに行って、はっと気がついた。金の残りとぼしいんよね。まりもと心斎橋まで引きだしに走って、えっせえっせとまた戻って、はぁはぁ。マーヴィンはすでにうちのメンバーでほぼ貸し切り状態。ここも比較的おとなしいのね、阿鼻叫喚状態なのは荻窪かいまはなきメディアくらいなもんよ。マーヴィンでいちばんうるさかったのはぶぅ。ねえさんの使命を受けてんのか、はたまた裏MLメンバー代表というわけか、ハニーは誰だって、うるさい、うるさい。断じて言うときますが、君がいちばんこれだと思ってるのとはちがうからね(笑) ITAさんがいちばんやばいなぁ(..;) ここよう読んどるし、ぶぅがなんだかんだと追及してるのを横でじっと聞いとったしなぁ。要注意、要注意(笑)
ようやくAKIM+MIKAの二人も登場。AKIMさんというのはようわからん(笑) とにかく静かなんだよねぇ、そのくせAKIMというのはMIKAをひっくり返しただけなんて、この男、かなりのむっつりスケベである(笑) ヤモはヤモですみっこでまりもとええ感じでしゃべりやがって、ヤモがまりもと合うというのもちょっと意外な感じ。COZIは「陰嚢区」のイメージと全然ちがってかなりロリ入ってる。アレサにべったりくっついてポケモンやってんだから、なにやってんだぁ。チキ麻呂はきょうもマーヴィンでチキ麻呂になってしまいました。やったん、ボクだけど(笑) そのチキ麻呂の顔を見て、「だれチキさんの顔こんなんにしたん、まごさん?」とはkikuちゃん、愛ですねぇ。そんなこんなでマーヴィンもおしまい。ここで半分くらい消えます。まぁ順当、ごくあたりまえのオフですね。だいたい朝まで遊んでるのが不健康なんだよなぁ。
電話入れて、ファクトリー安く入れるように手を回す。ふふふ...。ファクトリーは時間が早いせいか、空いてた。バーに上がってドリンクをとりに行くと、全然知らん女の子がチキやんの顔を見て「麻呂ぉ〜!」と叫んだ。
「これが大阪のいいとこなんですね、はい」とチキ麻呂は喜んでる。
がらんとしたフロアでそのチキ麻呂はいきなり踊り始める。まさにダンシングマシーン。頭にはビールと踊りしかないのかもしれない。あ、とよちゅんもやっと解放された喜びからぷにょぷにょの体を揺すっている。30分くらい踊ってたらヒザが痛ぁなってきた。ふーっ、スキーの疲れがどっと出てくる。
電車がなくなるからとAKIM+MIKA、そんでしゅーじクンも帰った。ボクもそろそろへたばりかけ。それに最後に一人残った女MIKAも帰ってしまって、なんで今年はこんなに女おらんねんなぁ。男ばっかりではちゅまらぁ〜ん(-.-;) おとなしいグーフィークンも帰るというんでファクトリーもあっさり終了。
チキのクルマに6人つめこんで、最後にファンキーチキンラーメン。なんや今年はマーヴィングループのスタンプラリーやってるみたいなオフだったな。

■1998/12/30 Wed■  [長年日記]

うちに来たんは、チキ麻呂にぶぅに、とよちゅんに、それからCoziにむねのりクン。みんなけっこ毛だらけ猫の毛だらけ(笑)
ほっといてもマック触りだすから見られたらやばいのん隠すのに大変(笑) おかげで見つかれへんかったけどね。元に戻すのも大変なんだから。ほんまやばいなぁ。朝の始発で4人帰ってしまって、そのときはもうチキと並んで寝てしもてたけど。気がついたらもう帰ったあとで、なんのおかまいもせんと申し訳ありませんねぇ(笑)、チキはホットカーペットで猫と一緒に寝てた。意外と10時に目が覚めてコーヒーしたけど、また眠たくて寝てしまった。そのあいだチキはフォトショップで遊んでたみたい。やっと目が覚めたのが3時過ぎ。ラブかながゴスペルのライブあるから見に来てくれというので、そのつもりで家を出て、マクドでチキやんとダブチを食べる。ダブチを食べてる途中から変だなあんまりのど通らないなと思ってた。あんまりしんどいのでゴスペル見に行くのはやめにして、チキやんを見送って家に戻って寝た。ここからがひどい。結局のところこの1週間近くの間の食べ過ぎがたたったんだろうな、寝てる間にもダブチがもどってきた。あわててトイレに行って吐こうとしたけど、元来ボク吐けない人なのね。のどの奥が上がってきた胃液で酸っぱい。どうにもならないので寝続けてるより仕方がない。結局24時間耐久睡眠となってしまった。
やっと起きれたのは大晦日の夕方。とんでもない98年の暮れになってしまった。

メールでツッコミ

1997|09|10|11|12|
1998|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
1999|07|08|09|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|09|10|
2006|01|04|06|07|08|12|
2007|06|07|10|
2009|12|
2010|01|02|04|09|10|12|
2016|08|
トップ «前月 最新 翌月» 追記
まごアン