トップ «前月 最新 翌月» 追記

うらまご/まごまご日記/まごっと/まごれびゅ/P-FUNK/maggot

2001年
3月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
1997|09|10|11|12|
1998|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
1999|07|08|09|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|09|10|
2006|01|04|06|07|08|12|
2007|06|07|10|
2009|12|
2010|01|02|04|09|10|12|
2016|08|

■2001/03/01 Thu■  [長年日記]

BETTE MIDLER
BETTE MIDLER
を、もう3月かぁ。別れと出会いの季節ですねぇ(笑)
と、いうわけで、Aduの卒業式。考えてみれば、そういうの、ton^2の小学校の入学式以来。もっとよく考えてみりゃ、Aduの中学、高校時代ってのはアレだったわけで、アレですわ、アレ(苦笑) なわけだったから、ちょっとひとつこれまでの罪ほろぼし。。。そしてまた(爆)
いまの時代の卒業式はかつての卒業式と違うとは聞いてみたけど、いざ始まってみると、式次第もあんまりたいして変らない。
君が代から始まって、あ、問題の君が代ですわ。大相撲で流れてるようなたいそうなアレンジの君が代がテープで流れ、そして誰ひとりとして声に出して歌わない。裏声でさえ歌わない。いいねぇ、これほど嫌われてるのもめずらしいってくらい。ひじょーーーにしらじらしくて感激した。
そして式はたんたんと進んで、送辞、答辞というのだってとびきり変ったもんでもなくて、きっちり「仰げば尊し」も歌って、ただし例の ♪〜身を立て名を上げやよ励めよ〜という2番は飛ばされて、いいねぇ。でもあんまり泣かないんだね、ほとんど誰も。
はい、おしまい、と、ここまで1時間ちょい。どこぞの卒業式とは大違い(爆)
へ、別になんもかわったことなんかないじゃんかぁと思ってた。卒業生退場ってなったところで1組の生徒らが立ち上がって、担任の先生が前に立ったところで、なんかぼそぼそやり始めた。生徒が口々にというか、ぼそぼそと「先生、ありがとー!」とか、「ぜんぜん言うこときかへんでごめんなぁ」とか言い出した。でも声が小さいのと、前を向いてやってるので何やってんだか、よくわからない。ある程度、なんらかの演出があるんだろうけど、ぱちぱちぱちぱちと拍手に送りだされていくほうがすっきりしてるなぁ、と思ってた。何か少し白けた時間があって、やっと1組が退場。
するとつぎは2組が始まった。おい、おい、こんな調子で6クラスもやるんかいなと思ってたら、2組の生徒たちは声も大きくて、はっきり何やってんだかわかる。どうやら、その学校では団という名目で3学年が縦割りになっていて、いちおうオフィシャルな送辞、答辞とは別に、生徒たち自主製作の送辞答辞が始まっていたのだ。たぶん生徒たち自らの演出なんだろうな、それぞれのクラス・団によって少しずつ形式が変ってはいたりするんだけれど、「体育祭の練習はきつかったけど忘れられへん!」とか、ときには爆笑が起こってみたり、ときには大泣きしはじめるものも出たり、ここになって、保護者の間でもちらほらとハンカチもんになり始めたのだった。形として成り立ってはないけれど、自分たちなりにそれぞれが3年間を思い出せる、まさに卒業生主役の卒業式だったな。ほんと、どこぞの学校とは大違いも大違い。
終わった後、Aduたち卒業生はそれぞれのHRに戻って、またその続きをやってたんだろうな。30分ほどして、卒業生らが出てくると、在校生らがそれを取り囲んで、そしてあちこちで記念写真大会。そしてその中に大きな花束抱えたつよちゃんもいて、Aduに花束プレゼントだって。やるじゃんか、この色男ぉ〜っヽ(^O^)ノ

つよちゃんも連れて4人でパラクッキでお祝いのお昼。皿に残ったソース、フランスパンでこそいで美味いんでやんの(笑)


■2001/03/02 Fri■  [長年日記]

PATRICE RUSHEN
STRAIGHT FROM THE HEART
マジ仕事しなあかんのよねぇ。でもぉー
でも、何なんだい、はっきり言うてみぃ(笑)
あのですねぇ、こないだからちょこちょこうちのボード回りいぢってんですねぇ。気ぃつけへんかもしらんけど、リンクかかったときに、表示の色がこのように目ぇむいたような青になってしまうのを、ぐっとおちついたモノトーンになるようにしてみたり、ほれ、このまごまご日記もフォント大きくしたでしょ、それと1行の幅、狭くしてみたりって、いろいろ手数だけかけてんだわさ。
それとか内緒にしてた裏まごまご日記、別になぁんもなくてただひたすらその日、何したかっていうのを簡単に羅列しただけなんだけど、要はアルツ対策よ(苦笑) それもとうとうボード横からリンクしてしまった。そしたら「ちょっと残念」 てへへへ(^_^;)
そいでから、どこだっけ、あ、SapporoMidnightだったかな、見てたら、ひたすらよそのサイトの引用しまくってるの。これってボクチャン得意の糊と鋏でしょ。だからやってしまった・・・「のぞき部屋」
そのかわり、「素朴な疑問」はやめた。騙されたんだって、そんなの作ってくれって言うたバカがさっぱり見に来ないで。そんでそんな素朴な疑問なんて、インターネットで探せば、わりと簡単に解決するんだわ。疑問があるなら、金をくれ。あと「定点観測」ももう飽きたからやんぴ。いつまでも同じ風景にこだわってどうすんだ(苦爆) 近々、「〜〜と言うタラ」もやんぴだ。
で、ほんまマジに仕事しないとアカンのだけど、その仕事はあしたやるって。
を、もう11時やん、ちょっとそわそわそわそわ、まだかなぁ〜〜(・_・)


■2001/03/04 Sun■  [長年日記]

Roger
Unlimited
《全てが錯覚なのである。人は自分以外の人間に対して、真には無関心なのだ。それでいて生きていくためには、他人の優しい干渉が必要なのだ。自分の存在を認め、たえず賛辞してくれる人が、身近に必要なのだ。しっかりと両腕に抱き、赤子をあやすように心身ともに揺すぶってくれる他人が、人間は誰にでもぜひともいるのだ。》と書いたのは、森瑶子。この一文は、3年ほど前か、まごまご日記にも引用したし、ボク自身のプロフでも引用してる。
で、「甘えん坊ってどういうふうに甘えん坊なの」って聞かれて、と、いうことなのね。ずっとボクのことを見ていてくれる人、とくに女(笑)がいないとやってられない。そうして逆にずっと見ていたいって。
小さいころ、その日のことを何でもかんでも母親に話した。母親はずっとずっとそれを聞いていてくれた。聞き続けてくれた。「年頃になって(c)富岡妙子、あら、ちがう多恵子だ(笑)」 彼女と呼べるような相手ができて、母親はその役目は終わった。終わらないとアカンよねぇ。いまだに彼女はうるさいですが(爆) でも、いまもうその80近くの彼女ではなくて、やっぱり母親の役回りの女ってのは必要なんだろね。そして小さいときに母親に向けた眼と同じ眼を向けられる女って必要なんだろうなって、それが「甘えた=甘えん坊」 
なんかこんなふうに書いたら、マザコンじゃないの、このエエ年こいたボクは(^_^;アハハ… あ、そうそう、「他人(c)森瑶子」ね。母親ってのは生まれたときからいちおう他人じゃないからパス、パス。他人だから、自分と隔てる何かを破って行きたいって欲望が起こってくるんだよなぁって、いったい何を言うてんですかぁ。久しぶりにきのう朝までお仕事したから、お仕事ね、お金もらうためのお仕事ね、片手間にしてたんだけど。。。そんできょうも一日中、マックに向かってお仕事。ただただだらだらだらだらだらだらだらだらだら(笑)、まぁそういうわけで変ですぅ〜〜
追及しないのっ(自爆) ふ〜っ、やっとプリントアウト終わった(^_^ゞ


■2001/03/06 Tue■  [長年日記]

Premiere
Premiere
『正調・H物語』を電車の中で読む。建礼門院のむちゃくちゃな話。別の建礼門院の話を書いたものだと《源平争乱と平家滅亡によって愛する人を失い、その人を一途に思い続けることを生涯の意義として守り続けた女性の姿は、いつの世でも感動を呼ぶ。人生の無常を基調に、彼女の全人像を追う。》
んで、ボクは、建礼門院ってのは大原三千院のなんか(笑)だということしか知らなくて、それを『正調・H物語』読んだら、白拍子を折檻するのに雪の日にハダカで庭に縛りつけただの、壇ノ浦で海に身を投げたところを、源氏に拾いあげられ、5人の男に回されただとか、その揚げ句に艫に全裸で掲げられただの、あ、あのねぇ、そこまで、書くかぁ〜っておもろいやんけ(汁) 自分で100円で買って読みな。
そうそう、こないだお昼食べに行ったとき、帰りのブックオフで100円のレディーコミ探してたら、小野寺カホリがあったのでしめしめと思ってレジに持っていったら、500円だか、言うのね。「これ、100円のとこにあったで」と文句言うたけど、100円にならなかったのでやめにしたけど、買うたらよかったかなぁ、気になって仕方がない。ちらっと見たら、えっち臭かったもんなぁ(汁) 男のエロ劇画、ほれ、あのぐっちゅん、べちょべちょとか、ずずぅーんとかの擬音がやたら出てくるのよりえっち臭かった。あぁ、見たい、見たい(笑)
ところできのうエアロ行った帰りに、バイク、ちょっと前に傾いてたんよねぇ、やばいなぁと思いながら、キックしてたら、案の定スタンドが流れて、立ちゴケ(-.-;) ちっ。
すぐに起こして、もっぺんエンジンかけて、さぁ帰ろうと、チェンジがちょんと踏み込んだら、オートマチックみたいに勝手に動き始める。なんじゃ、なんじゃと、セカンドに上げようとしたら、チェンジが固くて、なかなか上がらない。がちょーーん、なんとか上げれて、もっぺん、が、が、がちょーんとサードまで上がったんはええけど、今度は信号でチェンジが下がらない。ニュートラルに戻らない。そのままプスン(-。-;)
やばい!さっきこかしたんでクラッチがおかしくなったか、と。もう遅かったし、そのまんま何度かエンストさせながら帰った。
きょう、前からチェーンも伸びてるし、ブレーキもむちゃ効きが悪くなってるし、それにシートもずたずたで張り替えるつもりだったので、ひぃーひぃー言いながら中川まで乗って行った。何回、エンストやらかしたやら。ほんまもう、発進するときも大変だったのだ。クラッチが切れなくて、チェンジ踏み込んだら、いきなりつながってしまうから、そこでエンストしてしまう。しゃあないので、チョーク引いて回転上げながら発進せなアカンかって、もう泣きそう。命からがら乗ってった。
クラッチの方は、きのうの転倒で、ひん曲がってただけで済んだけど、ブレーキのディスクもうあらへんやんかぁ、チェーン、な、な、もうスプロケットもぉ{^。^`;トホホ どうします?って言われてもですねぇ、あのバハはもう長い間一緒に日本中を駆けずり回った、彼女以上の存在だからね、むげに、ハイ、じゃあもう廃車なんてことようせんよぉ('_;)  絶対に10万まで、あと3万は乗ったるねん。乗ったらなアカンでしょう。
ちょっとシャドーなんかに浮気もしたけど、ボクの股の間で自由に操れる可愛い彼女なんだから。それにくらべりゃ、たしかにシャドーはまたがってるだけで勝手に行かせてくれる、楽といえば楽だけど、ただまたがってるというだけだったもんなぁ。って、あの何の話なんだ(^_^;アハハ…
というわけで、7〜8万かかるって。痛いけど、こればっかりは仕方ないな。


■2001/03/13 Tue■  [長年日記]

CHICK COREA
LIGHT AS A FEATHER
この3日間、ずっと天気が良かった。おまけに冷え込んでいたので、雪はぐっと締まって春スキーにしては最高のコンディション。3日間、ビシバシ滑りまくった。。。とは、どっこい言えないのが悲しいねぇ(苦笑)
いつものように滑るには滑ってんだよ。黒菱5本連続だとか。やっぱり日頃、鍛えてるからね、体重も落としたし。でもパノラマのこぶなんか、きっちりガッツ(←古っ・・・笑)で、ぴゅんぴゅん行ってたんだよ。でもすぐあとに、なぜかYスケがくっついてきてて、ぐちゃぐちゃでも飛ばされながらでもくっついてきてて、ノンストップで滑り降りたってんけど、ちょっと遅れて滑り下りてきよんのよね。それでボクははぁはぁ言うてるのに、けろっとしてんの。いつもの「さぁ行こかぁ」が使えんちゅうねん。なんでやねん? むぅ、これが若いってことなんだねー、と、ちっと思い知らされたって。
千代の富士曰く「体力の限界!」
黒菱なんかじゃ、最初の2本はエエねん。3本目となると、ダレてきてるというか、集中力が途切れてんだろうな。こらアカンと気合い入れ直して4本目。ところがそれがもう5本目に続かない。早よ、下に着けやとただ落ちて行ってるだけみたいな。ヤモに騙されたってのもあったか。4本目滑ったあと、「上で休憩しよな」というときながら、上に着いたら、いきなり滑り始めよんねんから、こっちはもう気合い抜いてしもとるちゅうねん。そこからなんぼ気合い入れ直そとしても、いっぺん途切れたもんは元に戻らん。やっぱり年なのね。
ADUは上手なったなぁ。黒菱なんかも遅れはするけど、おんなじだけ滑っとるし、あいつスキーだけは妙に自信もっとるんよね。まだこぶなんかだと体が山に逃げるけど、しゃあないよなぁ。ボクでも逃げとるときあるし。
そう、久保田別荘に着くなり、別荘の爺や(笑)が
「無くなったウェアって青い袋に入ってました?」て聞くの。
「うん、そうそう」
「ありました、上の部屋の方に」
〜(#ToT)アウ! 遅すぎるちゅうねん、ほんまもう新しいの買うてしもたやんかぁ。あぁ、でも無くなってしもうよりはエエかぁ。
と、Yスケは、久しぶり、ん?5年ぶりのスキーで、ウェアが無くて、酔狂のバイク用に下ろしてしまってぼろぼろのエントラントの見るも貧相なウェア着てるので、ちょうどよかった、これ貸したるわって、その出てきたウェア貸したってんけど、やっぱり若いのが着たら、ぜんぜんちゃうように見えるもんやね。2日目はヤモが、いっぺんそれ着てみたいと言うて交換しとったけど、ヤモが着たら、全く似合わん。あんだけ似合わんのもないちゅうくらい似合わん。やっぱり、これも年なんかねぇ(笑) そのYスケ、ゲレンデで滑ってる最中にツレから携帯かかってきて、そのときに貸したった手袋落としてやがんの。しかも手袋に日券入ってる。日券なかったらリフトも乗られへんので、しゃあないから、ボクが見に行ったったけど、落ちてへん。日券Yスケに貸して見に行かせたけど、あれへん。Yスケしょげてやがんの。でもしばらくして、もう一度、探しに行ってくると、リフト乗り場まで行ったら、誰かが拾うてくれたようで、乗り場のとこにぶらさげたったってニコニコして戻ってきた。ほんま世話のやける奴や(-_-;) 「ごめんなさい、ごめんなさい」って、ところはまだまだ子ども(笑)
それにしても空いてたなぁ。1日目の日曜くらいかなぁ。それでも10年前と比べたらがらんがらん。月曜、火曜なんかはカナダみたい。
ボーダーがむちゃくちゃ増えた。もう6/4くらいの割かなぁ。見てたら、スキーやってんのっておっさんばっかり。若い子でスキーやっててもどこかオッサン臭い(笑) 火曜におっさん連中が先に帰ってしまうので、ADUと、ボード、レンタルしてやろかぁと言うててんけど、まわりに誰もボードやってるのおらん。ちょっとでもやってたらひっぱりこんで教えてもらえんだけど、リフトの乗り方さえわからんしねー。第一、ボードで名木なんか滑って下りれるわけないやん。咲花のだらんだらん1本、滑って下りれる自信さえあらへん。そしたらどないして帰って来たらええねん?というわけで、今回はまたしてもパスしてしもたけど、来シーズンこそは、きれいなねーちゃんにボード教えてもらお!(爆)
そうそう日曜はまだ人がようけおったから、ワイスホルンも満員。ゆっくり座ることもでけへんかったので、名木の下で、どこでもエエわいって入ったけど、やっぱりアカンなぁ。メニュー見ててもなんか食う気が起こらん。でもしゃあないので、ホットサンド食うたけど、不味かった。
月曜、火曜は、いつものワイスホルン、貸しきり状態。名木の名前さえ覚えてへんとこがアレだっただけに、余計にゆっくりくつろいでしまう。白スパってこんな美味かったかぁぁって思えるくらい美味い。月曜なんか、みんなワイン飲むわ、ビール飲むわ、酒飲むわ、ヤモなんか、べろんべろんになっとんねんわ。そんだけ飲んでしまうというのは、日頃の勤務評定の高さのせいか(笑) そのあとのヤモの滑りなんて見ててほんま笑けてくる。ちょっと滑ったらへにゃっとコケとんねんもん。ヤモのあんな滑り初めて見たって(笑)

で、1日目ですわ、ADUが調子こいて、止まるときにびゃああっと雪かけてきやがった。仕返ししたろと思うて、黒兎の下でADU止まっとったから、ADU目がけてまっすぐ滑り降りた。そしたら、がぼっとえぐれた段差があったんよね。そんな段差なんか見えてへんやん。そこでがくっと落ちてしもて、ぎゃっとこけた。そのこけるときにストックのグリップで右のほっぺた打ってしもた。動機が不純なだけに、みんなに笑われるわ、誰も同情も心配もしてくれへん。後でたんこぶできてやがんの。
次、2日目、ワイスホルンで酔っぱらったヤモが、言わんでもエエことをADUにちくろうとするから、蹴り入れたろうとしたんよ。そしたらテーブルの下の梁って言うんかな、横木をむこうずねで蹴ってしもてからに(T^~)クゥ- またしてもむこうずねにたんこぶ。
そして問題の3日目。最終日や。ボードすんのあきらめて、やっぱりスキーで上まで上がったら、黒菱なんか、夜の間に降った雪でなかば新雪状態。重たい新雪で、でも新雪の下のこぶは見えへんし、むちゃくちゃ滑りにくかった。それでスカイラインの尾根筋から北尾根行こうって。尾根筋も新雪のたまったところと固くしまったところが不規則に続いて、それでもそこそこに滑ってたんよね。後から来るの待ってたら、むちゃくちゃ上手いのが滑ってきて、しゃかしゃかと滑って段差でジャンプしてその向こうのバージンのとこをしゃらしゃらと滑るんよね。ひぇ〜っ上手いなぁって、まずは酔狂が真似して飛び込んで行って、酔狂はそこそこに滑って行ったんよ。よっしゃぁ行くでぇーと、ボクもしゃかしゃかと滑って、さすがに段差でジャンプして新雪につっこむのはためらって十分に制動かけといてから新雪につっこんだのね。ちこっと後ろに体残して2つほどターン。そこまではよかったんよ。あら?この新雪、意外と固いやんか、と、ちょっと前に体重を移した瞬間やん、どかぁーんと頭から新雪につっこんでた。そのときビンディング外れへんかったんよ。左のふくらはぎ、強制ストレッチやんか。痛ぇ〜っ!! と、まだそのときはよかった。すぐに起き上がったら、左が踏ん張られへん。ちょっと屈伸させてみたりしたけど、意外と重症。こら、アカンわとそこから斜滑降で新雪のとこを抜けてんけど。そのあと右ターンで左足の抜重でけへんようになって、それでもなんとか下まで滑っておりた。咲花の下で休憩してたら、どんどん痛なってきて、もうまともに歩ける状態でなくなってた。前へ体重移動がでけへんようになってる。遅い目のお昼、ワイスホルンにしよなと言うてたから、他の連中と別れて一人でゆっくりリフト乗り継いで滑って行ったんだけど、はぁもう命からがらよ。
「怪我しないように気をつけてね」(T^~)クゥ-

と、いうふうにラストはさんざんだったけど、1日目の兎のコブなんかもむちゃくちゃ気持ちよかったなぁ。月、火はなぜか兎のコブはきれいに削ってしもてた。とにかく怪我を除いて(苦笑)、気持ちのいい3日間でしたマル


■2001/03/15 Thu■  [長年日記]

椎名林檎
真夜中は純潔
きのう、きょうとほんま情けない。まともに歩けないことほど情けないもんはないぞ。
医者に行けと言われてもねぇ、こんなん湿布あてて、おとなしくじっとしてるしかないっしょ。日にち薬ですよ、それは失恋と同じやろぉ。強制筋肉ストレッチには湿布、失恋には、ん?なにあてたらいいんだ(爆)
で、同情・憐れみより、ゲラゲラ笑ってよろこんで頂けるのは、人徳のなせる業、日頃の悪業の積み重ねなんでしょうね。しかしほんま自由に移動できないというのは辛いんだぞ。まぁボクの場合、酔狂、ヤモとアッシー君厚き友情に支えられておりますm(__)m
そして弱り目にたたり目とはよく言うたもんで、花粉症で目が痒いんやと、目をごしごししてたら、左目が完全に目ばちこ状態。
ああ、もうこの世も終わり。ボクの青春も終わりかい。まさに厄ですわ、厄。幼稚な分、未発達な分だけ遅れてやってきたんちゃうか、ほんまにもう。
なぁ〜んてちょっと弱気にもなってみたほうが受けるでしょう。確実に受け狙ってます(笑)

で、今年のスキーシーズンも終わって、世の中、春だ、春。チェリーボーン!


■2001/03/16 Fri■  [長年日記]

SANTANA
Abraxas
おーーっ春やんけぇ
むちゃくちゃにエエ天気。ぽかぽかぽかぽかぽかぽかぽかぽかぽかぽかぽかぽかぽかぽかぽかぽかぽかぽかぽかぽかぽかぽかぽかぽかぽかぽかぽかぽかぽかぽかぽかぽかぽか ←原稿料稼ぎね(笑) あるかぁ、原稿料なんか(T^~)クゥ-
同情するなら金をくれ! あぁ 古ぅー
しかしこの天気に外には行けない、歩けない。
歩かれへんことないんだけど、歩かれへん。
ヤバい部分をかばってるから、他のとこが筋肉痛になりだしとんねん
タイガーバーム塗ったろ
しゃあないから、日がなマックに向いつ
林檎、をっ、いつの間に仕込んどんのじゃい。
どいつもこいつも
なんかさぁアレなんだよなぁ
と思いながら、半分こたつに足をつっこんでたら
寝てしもた。
どうも非建設的でいかん。非活動的でいかん。
非生産的でいかん。非攻撃的でいかん。
非能率的でいかん。不感症的ではいかれへん。
だから夜も寝やんと
 ♪〜君の帰りを待っている

なんでナップ☆にSANTANAがないんだ?


■2001/03/18 Sun■  [長年日記]

A TRIBE CALLED QUEST
JAZZ (We've got)
ああ、もう、どいつもこいつも
人が足、怪我して遊びにも行けんちゅうのに
ヒマにかまけて、メールやらQやら送りつけてきやがって

《最近えっちしてる?(笑) その足やったら 出来へんやろなぁ?いや 自分が 最近してへんから こんなこと聞くんやんか♪正確にお答えしますと 三月に入って 今のところ 三回やわ。ついでに言うと 9日にやったローター付き2穴のが最強やわ。まあ こんなことも言うてみたいよーん♪》やら、はたまた

《中出しよりも モット「食ってる」って感じがするよ。》やら、はたまた

《ぎゃはぁはぁはぁはぁはぁ〜〜!!!!! ごむは大事です(涙) あ。でもムカシいっかいナマで中だしした。。。(爆)キケンキケン(汗)》やら

チミら、全員、地獄に堕ちなさい。。。

ほんま、もううう(^(^;)
この3日で家の外に出たんって1回こっきりよ。
ひたすら家の中で瞑想しておるよ。妄想とも言うけど。
あのですねぇ、スキーの帰りに、いつもの奈良井で水くんできたんよ。
ポリタンクに20リットルだぞ、20kgもあるんだぞ。
それを家まで運び上げるって、をい、どないして運べというのだ?
運んだやないの。
うはっ、階段上がるほうはまだエエのよ。
20kg持ってても、休み、休み。
早い話がポリタンを杖のかわりにして、よっこいしょういち(c)ニイボボと持ち上げては
ぼちぼち上がってきたら済む。済んだ。
あ〜、エエ運動やったわ。エアロビクスでけへんから。
で、やっぱり、その水で入れたコーヒーはうんめぇー(^_^)
あー、ボクってなんて健康的なんやろ(^_^)

むふふふ、そういうふうにコンセントレーションを高めるのであった。


■2001/03/19 Mon■  [長年日記]

宇多田ヒカル
Can You Keep A Secret?
きゃはは、ミーハーで、悪かったな/(.^.)\ 
あの国会議員やってたの三浦友和やってんわ。おっさんになってしもてから(笑)
あ、ヒーローの話ね・・・・( ゜o゜)ハッ 言わんでもわかるってっか
うう、ちゃうちゃう、これ何年かたって読むやろ、
そしたら何のことかわからへんやん
いちお、書いとかんとね
あ、でも「ヒーロー」見たの先週スキー行ってるとき初めてで、
きょうで2回目やもんなぁ。それでもう最終回
けっこうおもしろいやん
ん、まぁこれも怪我の功名ってんでしょ/(.^.)\ 

昼なぁ、思うてたより仕事早よ終わったので、
帰りに一人でまたブックオフ行ったやんか
何しにって、レディコミ探しに
あった、あった、100円の小野塚カホリ
きょうはちゃんと値段確認したで。
帰って、ぽっかぽか「陽のあたる場所(c)MISIA」で
寝っ転がって読んでたら寝てしもた。
しっかしなぁ、レディコミって、
男もひやぁーっと脚が長ぁてロン毛やろ
ぱらぱらとブックオフで見たときは
うをー、やってるぅー ええのん、こんなんしてぇ
と思うてただよ。
家でゆっくり見たら、ゲイの話でしょーが
2冊とも。。。。。。あちぃーーっ(^_^ゞ
だって「小野塚カホル」ってキーワードだけしか知らんのだから
しゃぁーないなぁ ほんまぁ
あ、買うたのは『深夜少年』『LOGOS』ですぅ(T^~)クゥ-
男と女がねっとりしっぽりのレディコミはこれだぁーっ!
って誰か教えて(爆汁)

そうか、松たか子、来るんかぁ ふふふ(´`) ふっ ほれるなよっ


■2001/03/20 Tue■  [長年日記]

shela
feel
ぎゃははは 2日連チャンのミーハー/(.^.)\ 
うー、でも最近ミーハー路線まっしぐらやもんねぇ
何か文句あっかぁ、ミーハー
フレッツにしたやろ、そんで空いてる時間にナップ☆で
mp3 落としてくるやんか
初めのうちは、Eminemたら、Snoopとか落としてきてたのに
Snoopなんかそのうち買うやろ、たぶん
そうかレンタルで借りてきて、CDRに焼いてしまうやん
となると、最近はいわゆるJ-POPばっかり(笑)
浜崎あゆみやろぉ、なんでボクが鬼束ちひろやねん
って、今朝のモーニングショーで鬼束ちひろを特集やってた。
《癒し系》なんてぇのが流行っとんのかぁ
鬼束ちひろのサイト(http://www.melodystar.com/onitsuka/index.html)があって、そこのBBSに若い子がいろいろと書いてるってのを見てたら、次の瞬間にはベッドから起きてマックの前に座ってたやんか。テレビでやったばかりだから、アクセスもっと殺到してるかと思うてたのに、そうでもなくて、でもそのかわりに
《最近当BBSへのアクセスが非常に多くなり、今までのシステムが一時的にオーバーロードとなり、不具合となることが増えてきました。急遽トラブルシューティング及びメンテナンスを行うため、ここのページを一時的に休止させていただきます。》
だとぉー!!(へ・_・)へ┳━┳ (ノ-_-)ノ・・・~┻┻
目ぇ覚めてしもたやろがぁ。
それで一日じゅう、あちこちの暗ぁーいサイトとか覗いてたんだわ。
『ひきこもり』とか言われてるのって、ほんとはもっと深いところにあるもかもしれないけど、わりと簡単に見つけられそうなところばかりね。でも意外に思ったのは、そういうサイトってデザインがシンプルでエエんよね。デザイン見て、思わずいっぱいブックマークしてしまった。
それで、ボクがそのころにはどうだったんだろうなんて思い出してみて、やっぱりおんなじようなもんだったのかなぁ、とちょぼっと感心もしてみた。
若い子は若い子なりにどこかでマジメなんだろなぁ。
マジメに考えれば考えるほどやってけない、そんなところがどこかにあるなぁと。
いまのボクから見ると、ただくすぐったくて、どこかではぐらかしてしまってる。
答えは風の中にあるさって。
実際に答えは風の中なんだから、仕方ないだろ。
そうね、誰がどこへ行こうが、どこへ何人行こうが、ボクには関係ないもん。興味ないもん。
夜は『女子アナ』見てた(笑) 『男運』までつきあいきれませんが(笑)
その『女子アナ』も、きょうで最終回かぁ。久しぶりにずっと楽しませてもらいました。


■2001/03/22 Thu■  [長年日記]

nokko
Viaje
「暑さ寒さも彼岸まで」なんて誰が言うたんやぁ
「暑さ寒さも彼岸から」でしょうが、これなら。
ニット着て出たから、もう暑いの、暑いの。
で、大阪の街の中をてくとこてくとこてくとこてくとこてくとこてくとこ、ふーっ、てくとこてくとこてくとこてくとこ
リハビリやねって、もうリハビリの程度は通り越して、痛いところの周辺が筋肉痛。
ところで国際電話かけるの、なんで、あんなめんどくせえんだ。なんかバカにしとらん。電電公社さんよぉー(-"-) もう公衆電話なんて利用頻度ぐっと少ななってんねんから、IPカードだとか、わけのわからんもん買わなくても簡単にかけれるようにしたらどないだ? カナダなんて、もうとっくの昔からクレジットで国際電話できるねんぞ。おまけにIPカード、有効期限つきだって、んなアホな。
「3年後どうなってんだろうね」
あ、そうそう、きのうだったか、おとついだったか、今年、初めて沈丁花が匂ってきた。もう春やねんねぇー、と、マンションの階段あがるとこの櫻のつぼみも膨らんで。。。


■2001/03/23 Fri■  [長年日記]

KEITH SWEAT
I'LL GIVE ALL MY LOVE TO YOU
テレビでAikoのクリップやってんのね。
「Aikoなんか聞くん?」
「聞くわけないやろぉー」
「せやけど、テレビつけてるやん」
「勝手についとるだけやんかぁ。消してぇーや、早よ」
「なんで、Aiko 嫌いなん? なんで?」
「耳障りやろぉ、ふぅらふらっ音程わざとずらしやがって」
「せやけど、テレビつけてるやん」
「消してくれぇー」
「あ、終わったわ」
はい、嫌いです。だいたい「弓張り月」って何やねん。
もっとスナオな言葉、使えんのか(-.-;)
あぁ、書こうと思うてた本題からずれる。
某BBSに「今度、生まれるんだったら、でったいに女!」って
書き残してきたんよねぇ。
まぁ、知ってる人は知ってるのですが、多分にオンナ入ってるんですね。
女でも気持ち悪ぅーというくらい、好きになった女のことはひとり残らず覚えてるわけですね。えっちした女のことは覚えてなくても、好きになった女の子とは覚えてるのですね。あ、変なツッコミ入れられる前に先に自白しときますが、えっちした女って、そんな多ないです。意外と思われるかもしれませんが、どこかにあったなぁ「Hの後ろがIだろう」っての。ボクの場合は多分に「Iの後ろがH」です。信じてもらわれへんかもしれんけど(爆死)
何か、話がずれてくなぁ、きょうは。元い!
きのう、新大阪からの帰りに地下鉄乗りながら、またその「次、生まれてくるなら女」という話もしたなあと思い出しながら、地下鉄の中のおっさんを見てたら、うーん、ひょっとしたら、女に生まれてきたら、レズビアンになってしまうかもしれんなぁ、なんてことを妄想してるわけですね。だって、おっさんら見てたらきっちゃないもぉーん。ボクにきっちゃなぁーいと言われるおっさんもたまったもんじゃないけど(笑) ほんまきっちゃなぁーいもん。女に生まれたとしても、こんなおっさんなんかにゃ惚れんだろうなと。だって、なんか仕事、仕事で汗くさぁーいねんもんなぁ。なんでそんな汗くさなるほど、仕事しとんねんと疑いたくなる。ばっかみたい。まぁ、いいや、オッサン批評やろうってんじゃないから。
それで静かに座って『アイ・ラブ 安吾』読んでたんだけど、したら、頭の方で
「秋田には美人が多いのワぁ〜〜」
「日照時間が短いから色が白いと言われてるのですけれどぉ」
と、顔をあげてみたら、アービスのブス4人。
ブス4人も集まって、美人がどうとか話するなっ(-"-)
ああ、そういう美人がどうしてできるかなどと研究する以前に自分でしょー。
けっ、と思いながら、また『アイ・ラブ 安吾』 しっかしこの荻野アンナって性格ブスだ。
大国町で乗り換えたら、ブラックのにいちゃんが乗り込んできたのね。ぷんぷん匂いさせて。で、そのブラザー見てたら、やべぇーな、次、女に生まれてきたら、イエローキャブになりかねんよなぁって。
それもこれもエエ女に生まれ変われたら、の妄想ですが。たぶん大丈夫でしょう(自爆)
あ、Aikoの話が切れてしもとる。そうそう、もう最近は、お姉ちゃんの画像集めるのも飽きて、ご禁制のmp3ばっかり拾うてきてんだけど、女の歌うてるのばっかし。でもAikoは珍しく女でもやぁ〜〜よ。これも知ってる人は知ってますが、カラオケも90% 女の歌です(笑) でもアいこはでったいに歌いません。尾崎豊も歌いません。平井堅もでったいに歌いません(-_-;)
だいたい男の歌うのってさぁ、
    ♪〜これが男の生きる道 
ってどんな道やちゅうねん。馬車道かい。阪神高速道路かい(-"-)

   死--ねよ、おっさん (c) 赤坂真理


■2001/03/25 Sun■  [長年日記]

PRINCE AND THE REVOLUTION
PARADE
雨降りだから寝転がって内田春菊の「目を閉じて抱いて」を読む(見る)

  「あたし彼と結婚する気ないの
  「・・・じゃあ・・・
   どういうつもりでつきあってるの?
  「どういうつもりでもないわ ただつきあってるのよ
   セックスして・・ 話したり・・ 食事したり・・
   二人で眠ったり
  「・・・ ・・・ それだけ
  「それだけよ
  「楽しくないの?
  「楽しいわよ
  「・・・二人のために 貯金とかしてないの?
  「はあ?貯金? いきなり何を言い出すのよ

ぎゃはは、だから男はバカにされるんだって ぎゃははは
ほんま何、言い出すねんなぁ、バカか(´ヘ`;)
セックスして・・ 話したり・・ 食事したり・・二人で眠ったり それだけのどこが悪いねん!!って、おっちゃん、おっちゃん、レデコミ見て、そないムキになりないなや、ほんま。
読みながら、うっつらうっつらしてたら、電話じゃ
「ご先祖様をお祀り・・・」
「寝てたんじゃ(-"-)ムカァー」
「それは申し訳有りません。れーゆーかいを覚えておいてください」
ほい、覚えといたったぞ。ついでにここにもメモしといたったからな。
大サービスでこの日記見てる人間にも「れーゆーかい」インプットされるやろ。
なんぼかくれ。
しっかしマンガってすぐ読めてしまえるなぁ。
小説読んでるほうがいいやって、内田春菊の『ファザー・ファッカー』を読み始めた。
やっぱり小説の方が性に合うとる。
あ、ちなみに、うちのファックスの発信は「sexy mother fucker」です。もちろんPRINCEなのですが。どうでもエエか(笑)
というわけで、静かな雨の午後。
この雨でまた櫻のつぼみがぐっと膨らむ、そんな雨だなぁー、なんて、ふっとロマンチックにひたってるのもエエもんよ。

そそ、きのう、焼肉ね。
おじんになったのか、焼肉は胃に重い。なんかずっと苦しい。
なのに、食うてるときは、骨付きカルピは骨まわりに限るって、肉だけ柔らかいうちに食うて、もっぺん火に乗せて、食いつくしてやった。あんなとこ残したら、牛さん成仏でけへんやろ。インド人に申し訳ないやろ。
でもやっぱり胃が重い。苦しいなぁぁって思ってたら、
「まごってほんとマイペースなんだから」って
あのぉー、そのぉー、(笑)うてごまかそ ほんまあのとき苦しかってもん('_;)

注:(;゜゜)ゲッ! ちょっと読み返してみたら、誰かとサシで焼肉食べに行って、えっちしてたみたいやないの。してません。してません(汁)
きのうの晩は、右の目、痛ぁて、そのせいか、右の頭痛が痛くて沈んでたわい



■2001/03/26 Mon■  [長年日記]

GEORGE CLINTON
the CINDERELLA THEORY
100円の贅沢。
なぁーーんもせんと、昼日中、寝ころがって『ファザー・ファッカー』の続きを読む。
どっかにこんな父親おったなぁーって、ふっと思い出しながら(汗)
晩飯、しゃかしゃかと食うてからまたクルマでBOOK OFF行っただ。
ア〜100均の誘惑
というか、マンガって、すぐ読めるし、何冊も続くやん。
なんであんな不経済なん? 本屋も置くのにいっぱい場所とるに

ところでRからメール来て、
 「この頃は全速力で走ってる気がする
  いまが青春なんかもしれない
って、やっぱりこの女、すげえー女だったんだなぁと
さすがボクが惚れた女だけあるわ、なんて。。。
うひー、またこんなこと書いたりしたら
「○○(←まごちゃいます、ボクのことだけど)、おまえねぇー」なんて、右上から左下をにらみつけて (--;) これ以上書いたらやばい!〜ちゅうねん。
でもきっと見てへんからエエか(笑)
と、思ったら、4月にまた新しいことやり始めるなんて、メール来てて、あ、これはRでなくて、別の女。
ちなみにこの2人、ボクと年、いっしょ。ふんげぇー。
「走り続ける」ってほんましんどい。
自分では、あの日本一周で峠越えてしまったんかなぁって、最近ちょこっと弱気になってた気がする。でも、でもなんよねぇー
がんばろっ!


■2001/03/27 Tue■  [長年日記]

2PAC
all eyes on me
ヒマだからね。
相変わらず、エアロビクスのほうは、なんとかできんこともないけど、
バックランジが怖い。またぎゅいっとふくらはぎ伸ばしそうで。
だから
春の陽光燦々とさしこむベッドに寝転がって『ファザーファッカー』読みきる。
読んでる状況と書かれてる状況のギャップ、大きすぎだよなぁ(笑)
なんかもっと能天気なモン読めんのかいな(^_^;アハハ…
でもきのうの晩は『目を閉じて抱いて』読んでて、内田春菊にはまりかけ。
たぶん、もういいちょなんか読んだら、疲れて、つぎ行こーってことになっとるかも。
読み終わってから、《内田春菊》で検索かけてたら

 93年発表の大ベストセラー。作者自身が子供時代に体験した事実をもとに書かれてる。かなりきつい家庭内暴力が描かれているので、それが話題をさらったのだろう。平易な文章なのですごく読みやすいが、その分読み応えがなかった。
 事実ほどインパクトのあるものはない。一人称で書かれているため、こいつ被害妄想とちゃうか?と思う所もあった。でもあまり幸せとはいえない自分の体験をきちんと自分の文体で書いているので読んでて身に詰まるものがある。
 人生色々。ろくでもない子供時代を送った作者だが、その体験を生かしてこのような大ベストセラーを書いたのだから神様は公平なんだろう。

(c)無断転載

はい、はい、♪〜人生いろいろぉ〜
島倉千代子かい(-.-;) 
へっ? これって家庭内暴力の話やったんか。あ、くそ養オヤジのね。
(T^~)クゥ- 泣けてくるぜいぜいはぁはぁ〜 ほっといたれや、ろくでもなくてわりかったな(-_-;) 
実のくそオヤジだって世の中にゃごろごろおりまんがな。けっ。
新潮だったか、春菊のリアルオーディオで声、流してて、
「実用書・抜ける本」だとか、はては「(女が)犬で、感じてるときクンクン鼻が鳴る」と、
アン、ア〜〜ンとよがり声出してみんなよなぁ(汁)
と、柳美里の『水辺のゆりかご』の場合は、読む側の逃げ場を封じ込めてしまうような、要するにどこにも行けなくて、あーこりゃ読めんワとほり出してしもたけど、
『ファザーファッカー』は、同じ自伝(風)でも、どっか逃げさせてくれる。
無力なら無力でエエねんで、それでもちゃんとえっちするときは、犬の声で鳴いたげるからね、って。
だからずぶずぶとはまってくのだな。
そんで、巡り巡って、気がつけば南条あやの保護室に入ってみたりしてんの。


■2001/03/29 Thu■  [長年日記]

LED ZEPPELIN
IV
酒、弱いくせに、調子こいて、テキーラ、一気にあおったらアカンわなぁ。
テキーラでなんべんも痛い目におうとんのにまだ懲りひん。『反省すれど学習せず』
テキーラ、一気に行って、がしっとライムかじるのって好きやねんもん。
あと知らんよーーーって(噴死)
やったことないけど、バンジーで飛びだした瞬間って、あんな感じ? 
まぁ死ぬことないやろぉー。 現にきょうも生きてます。
でもなぁ、テキーラ・バンジーでやめといたらエエのに、
「アホちゃうかぁ、弱いくせに一気に飲むかぁ」と言われて、
1モアショット。つぎはちびりちびり、「これがニューヨーク風やぁ」と、
腕に塩なすりつけて。。。はい、これで、あとは金払うたんまでは覚えてます。
地下鉄のおっちゃんに「大国町で乗り継げるかなぁ」と言うたんも覚えてます。
寝たらアカン、寝たらアカン、と、ドアにもたれてたら、前に、ボクの好きなタイプの女の子がおったんも覚えてます。
けっこう、覚えてるもんやねぇ。ちゃんと家に帰ってんもんねぇ。
都合の悪いことだけ忘れといたろ(`▼´)うけけけけけ…
帰って、それでもマックの前に座るバカ
「ごめんちょ、きょうはべろんべろん 先に寝りゅー おやすみ(^з^)-☆Chu!!」とQ入るのってマメでしょ(笑)
あーぁ、こんなん書いてたら、また酒、戻ってきて、頭ふらふらする。
そうそうやっとのことでカットもしたのだった。
ぼうぼうに伸びてたから、結構、切ってと言うたら、なんか今回、切りすぎちゃうかぁ。ちょっと前、短いんちゃうかぁ。
カットしてもらいながら、リスカの話してたんよねぇ。
 「ぎゃあ、そんなん痛いやん、イヤやわぁ」
 「人の髪の毛は切りまくってるのに、切るのんイヤなん、あ、そかそか、髪の毛、切っても血ぃ出ぇへんもんなぁ」
アホや。
 「わたし、太い男の人、アカンねん」
 わりかったなぁ(-"-) 痩せたから文句ないやろ
 「あ、そかそか、細っーーて、ひょろひょろしたんエエねんやん、ぎゃははは」
 「あ、あれ、アイツはイヤやぁぁ(@o@)」 ←この項、完全内輪受け
それで、きょうはおじいちゃんせんせに、何故か、ごちそうしてもらう日で、
ところがだ、焼肉(-.-;) 
先週の焼肉の後遺症がまだ残ってるところに、きのうのテキーラがふわふわと浮いて
そこへ骨付きカルピが出てきたら、(;゜゜)ウッ! 
いあや、タン塩も骨付きカルピも好きやよ。せやけど、骨付きはちゃんと、骨回りのころんとしたとこまでしゃぶらんかい、と豪語した直後だけに、ちゃんと骨回り食うたやないの。強制ストレッチふくらはぎに蹴りが入ったような。
でもおじいちゃんせんせとサシであのような上品な焼き肉屋で焼肉食うたら、ども落ち着かんわ。
「ボクみたいなん連れてこんと、若い女の子連れてこなアカンやないですか」 ←何故か、一部ですます調です(^.^;)と、ごちそうしてもろといて、アレだけど。
 「槍ケ岳に登ったときに、下がびしっと雲海でね、その向こうに白山が見えて、そこへちょうど御来光が上がってきましてね、槍ケ岳の影がその雲海にすっーと白山にまで伸びてるのですわ。あんなん見たらアカンね。あぁ、山登ってよかったーと思うたんですわ。」


■2001/03/31 Sat■  [長年日記]

PARLIAMENT
P-FUNK EARTH TOUR
あらぁー なぁんもせんうちに3月もおしまいやね。
ひぃ〜〜、ほんまなんもしてへんから、なんもないんだけど、
なんもないとこから、あることないこと書くのが作家ってもんでしょ。
だから、なんか書く。作家への道は長く、辛いんだわ。
印税だけで毎日、昼寝して暮らせたら、それはもう言うことなしやね。
そんで、どっか行ったら「せんせ、せんせ」と、なんでやねん、と思うくらいの接待してもらえるし。
そそ、その昔、五木寛之や、もう30年近く前の話ね。バーみたいなスナックみたいなようわからん店でバイトしてたときの話。
その日も店入ったら、オーナーが呼びよるんよ。
「おんち、阿呆なこと言うたらアカンぞ」
「アカンって、なんやねん、あのおっさんかい」
と、ぱっと見に渋ーーいおっさんがおねえたん横に座らせとんのね。そのおねえたんというのが、ボクがいつも休憩のときに行ってた喫茶店の蓉子(仮名)
これまったエエ女やったんやわ。いつもはボクなんかとあっほぉーなことばっかし言うとったのに、その日はえらいお澄ましして座っとんねん。
渋っーーい中年のおっさんに、若ぁーーいエエ女の組み合わせ。その二人を濃いめのアンバーの照明でぶち抜いたって感じ、芝居的に言えば。
まぁ、いまのボクみたいね。
「あのおっさん、誰やねん」
「五木寛之だべさ」
「なんで蓉子(仮名)、連れてきとんねん」
「蓉子(仮名)、五木寛之の札幌妻だべ。言うたらアカンぞ」
うげぇーー、しばいたるぅぅ。おまえなぁ、ロクな小説も書かれへんくせに、金だけ儲けやがって、金にあかして、蓉子(仮名)を手ごめにしやがって、ゆ、許す{^。^`;ヨホホ
ほんま、むかついたちゅうより、悔しいやんけ。
中上健次がエエ女、横に侍らせてても、悔しないけどなぁ。
五木寛之やぞ。去年も、もう読めるかなぁと『恋歌』読んでみたけど、ほんまどうしょうもないほどくだらん。文学の香りってもんが全くせんじゃないの。
せやのに、蓉子(仮名)を現地妻にしやがってから。しかし中上健次と蓉子(仮名)の組み合わせは想像できんな。いちお、五木もそれなりのオーラだけは放っとったけどね、場の雰囲気が全然ちごたよ。まぁ、エエかぁ、くそぉー。悔しいなぁ。
もうひとりおったな。虫明亜論無(←漢字、おうてたかなぁ。まぁ、ええわ、こんなおっさん) このおっさんは、2,3べん来よった。やっぱし若い女連れて。
蓉子(仮名)の場合はボクもできるならおこぼれにあずかりたいと思う女やったけど、虫明のおっさんが連れてきとった女はボクは好かん。
やりたない・・・・・やらしてくれへんけど。
そんでも他のもんにしてみたら、エエ女に見えるやろなぁ、あくまでボクは好かんかったけど。
そんで虫明のおっさんも、しょぼくれたおっさんで、なんでこのおっさんが若い女、連れとんねんと思うたもん。五木の場合が濃いめのアンバーなら、虫明のおっさんはベタ明りやったけどね。
それでもその気分が露骨に出ててんやろなぁ。オーナー、心配しとったて、こいつ、なんかやらかすんちゃうかと。なんもせんかったけどね。
むぁ〜〜っ、甦ってきたやんけぇー。
なんで、作家やったら、若いエエ女、連れて歩けんねん。くっそぉー。
芥川賞なんてこと言わへん、言わへん。賞はいらんから、印税くれー。
ほっとっても女よってくる肩書きくれぇー(爆死) 
冗談やで(殴)

春や、春や、言うてたら、東京で櫻にほんまの吹雪舞うてんてねぇ。
うーーっ、さぶぅーーー、ぬくめてほちぃーー、エエ女に(泣)

いま調べたわ。虫明のおっさん、篠田正浩監督の「札幌オリンピック」の脚本やっとんったんかいな。そんでやなぁ、ひょこひょこ札幌、来とったんわ。けっこう、エライ人なんや(^_^;アハハ… せやけど、やっぱり、あのおっさんが若い(エエ)女、連れて歩くんや(-_-;) あ、もう死んだはる。合掌・・・南無ぅー


メールでツッコミ

1997|09|10|11|12|
1998|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
1999|07|08|09|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|09|10|
2006|01|04|06|07|08|12|
2007|06|07|10|
2009|12|
2010|01|02|04|09|10|12|
2016|08|
トップ «前月 最新 翌月» 追記
まごアン