トップ «前月 最新 翌月» 追記

うらまご/まごまご日記/まごっと/まごれびゅ/P-FUNK/maggot

2000年
7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
1997|09|10|11|12|
1998|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
1999|07|08|09|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|09|10|
2006|01|04|06|07|08|12|
2007|06|07|10|
2009|12|
2010|01|02|04|09|10|12|
2016|08|

■2000/07/01 Sat■  夢遊病 [長年日記]

 7月になった。クソほど暑い。暑い、暑い....多分まだマシなんだろうな。思考力がなくなってしまうような暑さがいずれ来るんだろう。しかし、しかしだ、木、金、土と3日も続けて人並みに働いたら、さすがにきのうの夜は脱力状態。ぼーーっとするままで、をーあしたは休みやんかぁーなどと喜んでられる状態でもなくて、それでも1時過ぎまで、ぼーっとして、とにかくもうこりゃアカンと寝たのだった。
 それから寝ては覚め、寝ては覚めだ。まさに1時間おきに暑くて息苦しくなって起きてる。起きて何するわけでもない。冷蔵庫で牛乳を一口、口飲みしたら安心して寝た。
 さて問題は、もう朝だ、と、を、こりゃ起きないかんと、もそもそ起きだして、そういえば冷蔵庫にチーズがあったな、あれでチーズトースト作ろと、寝ぼけ眼で食パンの上にチーズを丁寧に乗せて、オーブントースターにほりこんで、一息、ふっと顔をあげた目の前に時計が4時をさしてるではないか。
 な、なんだぁ〜、なんで夜中の4時にチーズトーストなんてものを作ってるんだぁと、山田詠美風に樋口可南子にいわせれば、「焼き上がったチーズトーストはどうするの?」だ。こんな夜中にチーズトーストなんてハイカロリーな食い物を食うていいはずが無い。
 しかし食うたがな(-"-) 食うには食うたよ。食いながらほとんど目は開いてなかった。眠りながらもくもくとチーズトーストを食う姿...をー{{ (<>_<) }}ブルブル
 このようにしてボクの7月は始まった。なんだか今年は夏の匂いがするぞ。

■2000/07/03 Mon■  さんきう [長年日記]

カウンター20000突破!!
 これもみなさまの叱咤激励のおかげ  感謝してるよ。
 いやマジに。屁たれそう、あ、いや、へこたれそうになったり、ヤケクソおこしてもう閉めてしもたろとか思ったことも、何度かあったけど、ここまでやってこれたのって自分なりに偉いです(自画自賛)
 カウンター20000たってもねぇ、世の中にはもっとカウンターがぼんぼん回ってるところもあるし、なんでこんなしょうもないサイトで1月に1000も2000も回ってるんだって口惜しかったりもする。どうせ学生のヒマな連中がごそごそしてるだけやんけ、と自分でなだめすかしてみたりもする。実際、そういうサイトがやたらめったら増えてんのも事実だけど。
 3年前に日本一周やってのけたときに、しきりにモッチャンが持ち上げるんだよね。でもそんなもの走り続けてたら誰にだってできるよって思ったの。たしかに走り続けたら日本列島を走り抜けてただけなんだけど、むぅモッチャンに言われなくても自分は自分なりに偉い!って思ってた。でもそう思って調子こいてたら、モッチャンから強烈なしっぺ返し―「まごさんは走るけれど、わたしは歩きつづけますよ」って。
 わは、この話、モッチャンとボクの内緒話だったっけ? まぁ、いいやん。別に悪い話じゃなし。隠しておくこともない。 でもガソリンなしでバイク押して歩くのってむちゃしんどいの、知っとるけぇ。これ、ボクからのレスにしとこ。きっと、ええ、知ってますよって、またニコニコ笑いながら答えるんだろうな..
 思わずモッチャン引きあいに出してしまったけど、かな、まいち、チキ、ナック・・・挙げだしたらキリがないし、なんでわしが入っとらんねんとか言われるのも困るなぁ、OSA、Mackee、ひゃははは、あ、Boo&KIYO、うっ、ほんまキリがないからこれくらいにしとくけど、みんなありがと! 誰がごちゃごちゃ言うても
これからも走り続けたるねん!

■2000/07/04 Tue■  3000円と600円 [長年日記]

 とにかく暑いっ{^。^`;大汗 と、このごろ毎日言うとるなぁ。
でも暑なったら、大阪は鱧でしょ。と、いうわけで、このクソ暑いのに、車の熱気にむせ返りながら、ヤモと酔狂とで中央卸のえんどうへ鱧の寿司食いに行ったがな。高すぎるやろ(-"-)
 確かにモノはええねんで。ええから高いというのは当たり前やけど、もはや市場の寿司屋でなくなったな。あの値段ではもう食いたいとは思わへん。昔、って10年ほど前やけど、市場値段やったのになぁ。ネタの良し悪しもあるけど、ゆっくり落ち着いて食うての値段やろ。こっちはそのゆっくり落ち着いてというのは譲歩しとんねんやんか、それならそれなりの値段ってもんがある。多分にゆーめーになりすぎて天狗になっとんのかもしれん。

 だいたい鱧自体が高なりすぎ。あんなもん、鰻の代用品やったのに、いつのまにか高級魚になってしもて。
 地の鱧の蒲焼きを、ウナギや、ウナギやと喜んで食うてたのになぁ。その昔はウナギのほうがずっとずっと高級でめったに食えるモン違うたのに、いまや完全に逆転。それでも安い冷凍の鱧は身がべたっとしてて食べれたもんちゃうしねぇ。
 口直しにぜい六にクリームコーヒー飲みに行った。クリームコーヒー2杯も飲んで600円で幸せな気分。

■2000/07/05 Wed■  In The Rain [長年日記]

 そうそうきのう、きょうと夕方になると鬼のような夕立が降る。まさに、♪〜ちゃらんちゃららぁ〜んいんざれぇ〜んのイントロ、あ、このIn The Rainですけどね、In The Rainつうたら、やっぱりDramaticsなわけね、どう考えても。DramaticsのIn The Rainなのか、In The RainのDramaticsなのかってくらい。
 それで、In The Rain は、Dramaticsか、Keith Sweatかって、言われたら、それはどうしようもなくDramaticsなわけ。こればかりは先にDramatics 聞いてしまってるから。それがただ耳をかすめて行っただけだったらどうってことないんだけど、変な思い入れみたいに残ってしまってる。だからってIn The Rainに特別に誰かが関係してるとかじゃなしに、ほれ、あるやん。これ聞いたら、せつなくなってたまりません、っての。自分自身の青臭さとか思いだしてみたり、それで何年経ってもついつい回してしまってるの。きょうみたいに雨の音が聞こえれば、In The Rainなわけ。車の窓についた雨を見たら、Just The Two Of Us というのと同じように。うはっ、月並みか。まぁWalkin' In The Rain と言わないだけマシ(苦笑) Keith SweatがIn The Rain やってんの聞いて、うわぁーやってくれてるぅって思うんだけど、やっぱりDramaticsに戻ってしまう。そうじゃなくて、先にKeith Sweat聞いて、これたまんねぇーって、そのあとでオリジナルが聞いてたら、また違ってみたりするんだろうけど。そうそうこの2月に、P-FunkのボーカルでSteve Boydeが来たときに、ホテルからZIPまで車乗せたんだけど、Steveは一時、Dramaticsにも参加してたって言うのね。それで車の中でIn The Rain歌わせて大合唱。れみごーれみごーれみごぉぉぉ!!
 あ、何の話、書くつもりだったか忘れた。きっとどうでも話だ(笑) あ、思いだした、きのう東京も土砂降りで、その土砂降りの中でボケの森が組閣やって、扇千景が建設大臣だってさぁ、ぎゃはははは

■2000/07/13 Thu■  世紀未 [長年日記]

 夜中にハカヤに呼びだされて(^_^;) きょうはもうしんどいし、あしたも朝から仕事あるから、あしたにしようよというのに、無理やり拉致られたんですわ。というか、うちの下で張ってるからな、任意同行してくれっかってなもんよ。しゃあないのでロイホで待っとけやって、行ってみたら、男ひとりで夜中にロイホで待っとる。そこへ、このおっさん、あ、ボクね、あんまりドラマとしてはええ絵やないでしょう。ボクも待っててくれるなら、ギャルがいいですぅ(爆死)
 それで用件は何だったかというと、今度写真を出展するらしんだけど、その写真にタイトルをつけろっていうわけ。だいたいあの連中ときたらボキャブラリーやらイメージってものが貧困なんで、それはハカヤ自身が認めてるわけだけどね。早速、その出展するという写真を見せてもらった。はぁ〜ん、なるほどね、1年もやってたらこういう写真も撮れるようになるんやねぇって写真。ふっと見て、Aretha Franklin の Who's Zoomin' Who? のジャケットをイメージしてた。全然ちゃうんだけど(笑) よくみりゃ男が後ろ向きで全裸で立っていて、もっとよく見りゃ、な、なんと、その全裸男はハカヤ自身ではないか。げぼっ(ーー;) 悪いモン見てしもた....
ロイホの窓に立て掛けて他の人間からも見えるようにしてやったけど、ハカヤは動じる気配もない。なんと鉄面皮な。
 いきなり「カオスっていう題だと変ですかねぇ」って。う〜、ほんまにイメージ貧困なんだって、「カオス」なんて言葉自体なんかもう使うのも恥ずかしいだろうが。「こんとん」って言葉を漢字で書けないんだからね、「混沌」とロイホのテーブルクロスの紙にボールペンで書いてやって、「漢字一字のタイトルにしたらどない」ってもちかけてみた。う〜んそうだなぁ、「」あたりええんちゃうって、ところがハカヤはそんな漢字なんてのは見たことがないらしくて、どういう意味なんです?って聞いてくる。そう聞かれると、うっとつまってしまうじゃないの。コンだよ、コン、コンというたらフランス語でちんこだろぉーがぁ、なんてわけのわからんこと口走ってしまって、そこからおろかにも頭についてきたのが「けんこんいってき」の「こん」だったような気になって、じゃあ「けんこんいってき」ってどんな意味なんだと聞かれたらまた困ってしまうじゃないか(^_^;) あとで調べてわかったんだけど、「乾坤一擲」ね「」だから、ちがうな(笑) 漢字の感じとして、どうもぼやけた感じがしないなと思ってたら、今年2000年じゃないですか、来年は2001年で、21世紀とか言ってるけれど、何も変らなくて、20世紀でもなくて21世紀でもなくてどっちつかずのあいまいでこんとんとした(このあたりほとんどひらがなでハカヤはしゃべっている)感じを考えて撮ったんですよ、20-21とかどうですかねぇ〜って、をい(-"-) なんかくだらないんだよ、そういう20-21だろうが、20_21だろうが、そういうのって誰だって思いつくのって、逆にごくごくありきたりの言葉とか考えてみた。どっちつかずっていうんだったら「子」だなぁ、って言っても、ハカヤには「こ」としか読めなくて、「ね」って読んでほしいんだけど、「子の刻」なんてね、まぁこれはパクリなんだけど(笑) 「きょう」か「あした」かって日付の変わるのは生活上では子の刻じゃなくて丑三つ時だったりしてとか、ちょっと考えてたら、干支を順番に考えてきて、はたと当たったのが「未」。あ、そうだそうだ、「」と「」をまぜこぜにしてしまえばいいんだ、うん、こりゃいいわ(笑) 未来でも、世紀末でもなくて、ばっちりじゃんかよぉ。ハカヤなんて書き取りのテストなんかできっと「未」でも「末」でもない漢字を書いてたにちがいないんだし、それで読みは「まい」、「曖昧」の「まい」でどうだって、あとはフォトショップとかでフォント作ってしまえばいいんだ。おっけっ、それで行こってことで一件落着。
 ちなみに、その出展するので一等だかに入賞したら、賞金が50万。タイトル考案料としてプレステ2を買わす契約をしておいた(爆) 期待なんぞしてねぇ〜〜よぉ〜だっ!

■2000/07/16 Sun■  月食 [長年日記]

 ジム帰りにケイちゃんとこによってしばらく遊んでた。フランス帰りのケイちゃんね。いいよなぁ。安くあげるためか、往き帰りともタイ経由で、ベトナムにも行ったとか。やっぱり旅はそういうのに限るよなぁ。
 帰りに目の前にまん丸なお月さんが輝いていて、思わず「満月のフォーチューン」なんてユーミンが出てくるあたりイメージ貧困か(笑) でもあの「満月のフォーチューン」に出てくるジグソーパズルの最後のひとかけがどうとかこうとかという言葉の使い方はいいなぁと思う。
 やっとこさっとこ家にたどり着いて、疲れたわ(笑) ちょこっとエアロ張りきり過ぎたんかなぁ、頭痛が痛いって、をい(笑) いや、ほんまに頭がちょこっと痛いのは、炭水化物欠乏なんかもしれん。と、はっと気がついた。コーヒー禁断症状だったのか、きのうの晩にコーヒーの豆が切れてしまってて、きょうスタバで買うつもりだったのに忘れてた。あわてて下のスーパーにコーヒー豆を買いに出たら、月が欠けていた。そうだ、きょうは月食だったというのを思いだして、下弦の月のような満月をしばし眺める。
 吠えるに吠えれんなぁ(笑)

■2000/07/21 Fri■  今はいない人の… [長年日記]

 あえて全文引用しないけどね、赤坂真理のエッセイ、ネットのどっかに落ちてるだろうが(笑)
 『「あった」ものが「ない」』か、ふっ。『濡れた感触の布』、『体のまわりにいくつもの温度』『溶け合う場所』『重い中間色となって沈み』
そして『でも言葉で言わなくても何かが覚えている。その感覚は言葉で名付けられず、なぜか好きでも嫌いでもない』という感覚に浮遊。その浮遊する感覚が忘れられないで、いつまでたってもふわふわふわふわ浮いている自分。いいねぇ(笑)
 ところでやっぱ暑いんだよなぁ。この糞暑いのに、バイクで100キロ近くも、それもほとんど渋滞すり抜け。けっ、エアコンの熱気がたまらんだろ。地球温暖化さすなっちゅうねん。は、まぁどうでもいいかぁ。
 なんかそんなこんなで濃い一日であったような、別にとりたててかわったことなんかないんだけど、朝の8時から晩の10時まで、ほっと息着く間もなく動き回ってたような気がして仕方ない。

■2000/07/22 Sat■  同窓会 [長年日記]

 卒業30年周年の同窓会。
 おめかしなんぞ(笑) 何がって、あのですねぇ、やっとまともにゴルチエ着れるようになったんですねぇ。いままではパチパチだった(^_^;) そんで喜んでころこんで、行ってみたら、男でそんなカッコで来てるのなんて一人もいない。思いきり、浮きまくり(..;)
 ...って実はそれがうれしかったりするわけ(自爆)
 同窓会でもね、しょっちゅう会ってるのもおれば、じつに30年ぶり、つまり卒業して初めて会うのもおったり、ところが30年経ってもすぐ誰だったか、わかるのもおる。名前を聞いても思い出せなかったり。だいたいねぇ、一学年に500人もおったわけだから、知らんやつなんていっぱいおるわけ。とくにゆーとーせぇーとは現役時代からまったく縁がなかったから(笑) とくに男ね。
 そういうわけで、相変わらず、アホだなと思ってくれればそんでよろし。
 女の方はっていうと、これまった、自分のことは棚にあげといて、おばちゃんになってるのよ。が、しかし、なかにぽつらぽつらとええ女になったなぁなんてのもおる。で、しっかり携帯の番号なんぞを聞いておけばいいものを、くぅー、ボクってあかんたれ(笑)
それで、あ〜、う〜、チェック入ったらしばかれそうだから、あとは控えておきます(笑) 
 でもしかし、ここではこうしてでかい面して番なんぞいちおう張ったりしてっるわけだけれど、その昔のボクを知ってるやつがおるわけで、大部分のボクの印象は、アホで、イチビリで通ってるねんけど、そのかつての若かりしころの恥ずかしいことなんぞを知られてるのと会うというのは懐かしくもあり、またテレくさいような、それが30年という年月を経て、昔と同じようにしゃべれるのがいいです。あ、断っときますが、そういうふうにしゃべれるのは3割くらいやね。おおかたはどんどん別の世界にはまってしまってるわけで、今さら何をってのが大半ね。


 なぁんちて、顔で笑って、心で泣いて。。。。いや、別になんもないです(-.-;)

■2000/07/23 Sun■  コーリング [長年日記]

 びっしょり汗で濡れたTシャツは外の生暑い空気に触れて快かった。生暑い空気はまるでぬるい目の風呂に頭の先まで浸かっているように、冷房で冷やされた汗を優しく包み込んだ。ずっと人の中にいた、集団の流れにただ身をまかせることしかしていなかったボクは、その生暑い空気の中でやっと一人になってゆっくりハイライトの煙を吸い込んだ。すると突然、ウサギだとかクマだとかの女の子が描いた絵が目の前に浮かび上がって泣いていた。携帯のバッテリ−は辛うじて電池マークに一本の線が刻み込まれていた。その一本の線にすがりつくようにリダイアルボタンを押す。トゥルルルルと呼びだし音がして留守番電話に変ってしまった。メッセージをどうぞ ツー
バッテリーが切れそうなのでぇーと声がつまってしまう。携帯の液晶には電池切れを示す表示が点滅していた。
 電車に乗るのに200円の小銭がなかった。1円玉が5枚もあるというのに2枚の100円玉がなかった。1万円札をくずす目的だけで向いの書店に入る。読んでしまった本を手にとっている。5000いくら。なんという電車賃のつくり方だ。
 「再会はしかし、ぎこちなかった。私たちは抱き合えるわけでなく、手さえ握れなかった。」

■2000/07/26 Wed■  宇治金時 [長年日記]

 芝福のおっさんが去年の11月から入院してるっていうんで、見舞いじゃないな、おばちゃんの励まし、励ましというのも変か、とにかくおばちゃんの顔を見に行ってやった。
 「氷の刃の出し方がわからへんからな、粗いけどかんにんやで」という宇治金時はさすがにおっさんのあのふわっと融けるような雪のような氷ではなかった。
 「もう元に戻る見込みはないねん」っていう頭の病気、もうほとんど完全に寝たきりらしい。
 「ダンスしとったころがいちばんよかったなぁ」とおばちゃんはしみじみおっさんを振り返って話す。
 「ダンス習いに行っとってな、夜にダンスホールに踊りに行きよるねん」
 ゑっ、ダンスホール、それって3〜40年前までの話やんか、いまおっさんは80ちょい前で、そっから逆算したら、いまのボクより若いんや、と妙に感心してしまう。エアロビクス帰りだっただけに余計そう思う。
それでふっと時間の経過なんてことを考えてしまって、おばちゃんにとってのそのダンスホールの話は同じ昔でもごく近い昔。同じようにこないだの土曜日の30周年同窓会にしても、昔は昔でもついこないだのように思えて仕方がない。万博というのが、ボクの時間の範疇からするとまだほとんど現在でしかありえないような気がする。さすがに月光仮面ともなると、ずっと遠い過去なんだけれど。大学の時にひどく懐かしがって月光仮面の話をしていた。それはそのときからわずか10年ほど遡るだけなんだけれど、それを今の自分にあてはめて10年遡ったところでほとんど何も変りはしていない。しいて言えば、子どもが大きくなったぐらい。年齢によって時間のスパンがぜんぜん違うんだね。
 じゃあ今から5年先、10年先はと考えても、ほとんど変ってないのかもしれない。何年先にどうしてと言われても、いまはただ、うんいいよ、と答えてるけれど、はたしてどうなってるのか想像なんてつかないし、自分自身が変らないでいられる自信ね、わからないというのが正直なとこだろ。ただ、30年も経つと、芝福のおっさんのように、いくらかつてばりばりのモボであっても、年老いてボケてる可能性もあるなぁって思ってしまう。
 たったの1ヶ月がひどく長く感じられたり、あっという間だったり。。。

メールでツッコミ

1997|09|10|11|12|
1998|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
1999|07|08|09|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|09|10|
2006|01|04|06|07|08|12|
2007|06|07|10|
2009|12|
2010|01|02|04|09|10|12|
2016|08|
トップ «前月 最新 翌月» 追記
まごアン